ここから本文です

デジタルカメラの電源はほとんどリチウムイオン電池になりましたが、GODOX等アクセ...

アバター

ID非公開さん

2018/1/1604:32:17

デジタルカメラの電源はほとんどリチウムイオン電池になりましたが、GODOX等アクセサリーメーカーの一部製品を除いて、未だにメーカー製のフラッシュは単三アルカリないしニッケル水素の充電池対応ばかりです。

これはなぜなのでしょう?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
194
回答数:
10
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ame********さん

2018/1/1612:31:24

質問者さんのご意見はご無理ごもっともです。
単三電池のクリップオンストロボGN32ですが100発うつとチャージが長くなってきます。また一日中カメラにセットするととにかく重い!8時間ぐらいで手が震えてきます。…という事でリチウムイオン電池18650を4本を外部電源で供給するようにしました。パワーは3倍、バッテリー部は空なので大分軽くなりました。こういうのもあっても良いと思いますが、一部の人だけの需要でしょうね。メーカーとしては儲からない。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/1/1614:36:51

    ありがとうございます。
    やっぱりそういう方おられましたか!
    8650を4本とのことですが、どのフラッシュにどの様な形態で充電と給電されておられますか?
    よろしければ教えてください。

    回答は多く付いているのですが、単三電池では困るほどのヘビーユーザーはおられない様なので・・・

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/1/22 11:08:11

貴重なお話しありがとうございました。
また教えてください。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shi********さん

2018/1/1710:18:54

カメラ用電池は、増大する消費電力に対応するため・バッテリー持ち時間がとても重要になるために、小型軽量大容量の電池が必須であり、現状ではリチウムイオン充電池以外の(現実的な)選択肢がほぼありません。

いっぽうストロボなどのアクセサリー関連は、単三型電池でも実用的な動作時間を得られる点・電池の入手しやすさ・安全性(航空機輸送で不便・価格に跳ね返ってくる)の問題から、現状でも乾電池仕様のものが大半と思って良いかと思います。
ストロボがリチウムイオン充電池になれば、チャージタイムの短縮とバッテリー持続時間の延長ができますが、そもそも発光部がそこまで連続した発光に耐えられませんので、電池だけ強化しても無意味という点もあります。

携帯型のストロボで、リチウムイオン充電池の恩恵を100%享受しているのは、現状では「高速チャージ・連続発光対応ヘッド・電波式ワイヤレスシステム」などをすべて搭載したProfoto A1だけでしょう。(実売11万円強)

プロフィール画像

カテゴリマスター

dan********さん

2018/1/1613:42:08

必要な本数の乾電池を収容できるスペースとかデザインが許容される場合、無理して専用電池を開発する必要が無いからだとおもいます。

bel********さん

2018/1/1611:48:58

必要が無いからでしょ
一般の人なら普通のアルカリ電池を使えば
十分容量が足りますからね
最近はエボルタなんて高性能な物も在ります

大量に撮影する人なら単3形リチウム乾電池もあります

数も出ないのに高価になる
充電式のリチウムイオン電池を販売する必要は感じないでしょう

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

tnm********さん

2018/1/1610:54:27

理由はいろいろあるでしょう
一つはデザイン・・サイズにあまりこだわらなくても良いから?
と言うことも有るのでは
デジカメは「携帯性」もかなり大きな要求事項ですそのため小型で刑場の自由度がある専用バッテリが選ばれる
しかし「外付け」のスピードライトにはその要求度が低い?
大光量のものなどかな路大きな「積層バッテリー」仕様の
ものさえあるぐらいですから

勿論バッテリーとしての特性による使い分けも考えられますよね

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

rer********さん

2018/1/1608:09:03

カメラ本体に比べると殆ど売れていないからです。

一般ユーザーの場合、本体にフラッシュが内蔵されているので、わざわざ外付けのスピードライトを買わずともそのまま使うのが殆どです。

また、アクセサリーシュー自体が大容量の電気を供給する仕組みになっていないため、本体のバッテリーから供給させる方法も採れません。
そうなると、アクセサリーシュー自体の規格変更になりますが、従来品との互換性を考えると、開発や製造コストも半端ではないでしょう。

新しくするにしても、ニーズが十分あってコストを回収できるほどの利益が出るならまだしも、殆ど売れてないなら損をするだけです。
カメラメーカーも利潤追求する企業ですから、社会のために大損をこくことはありません。

本体のバッテリーを流用するにしても、世代によって規格がコロコロ変わっているため、対応するバッテリーの販売が終わってしまうと、それ以降の交換が無理になります。
それに比べれば、単三電池はほぼ普遍的に売られているわけで、そうした心配も不要です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる