ここから本文です

税務戦略の問題がわかりません。 投資額1,000,000に対する3つの代替的な投資形...

kamusumiさん

2018/1/1621:03:26

税務戦略の問題がわかりません。

投資額1,000,000に対する3つの代替的な投資形態を比較考量し、最適な投資形態を選択せよ。

①損金不算入 投資期間3年 税引前投資利益率20% 税率30% 投資利益の課税時期:毎年

②損金不算入 投資期間3年 税引前投資利益率18% 税率30% 投資利益の課税時期:投資期間終了時まで繰り延べ

③損金不算入 投資期間3年 税引前投資利益率14% 税率:非課税 投資利益の課税時期:非課税



こういう課題が出たんですが、わかりません・・・どういう計算をしてどう判断すればよいのでしょうか?もしも同じ金額の場合はどちらが最適と判断されるのですか?

閲覧数:
34
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

twineco02さん

2018/1/1820:34:22

割引現在価値によるプロジェクト評価の問題と推察します。
各年のキャッシュフロー(単位は万)

①20-6=14、20-6、 20-6 毎年20の税前利益と6の税金
②18、18、18-(54*0.3) 毎年18の税前利益、3年目に全部合わせて税金支払い
③14、14, 14

キャッシュフローの観点では①③は同じ。
それぞれ割引現在価値で評価すればOK
割引率によって②が有利だったり不利だったりすると思われます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。