ここから本文です

境川親方に拍手     白鵬の「かちあげ」が批判される理由をきっちりと説明した...

but********さん

2018/1/1702:10:45

境川親方に拍手
 
 
白鵬の「かちあげ」が批判される理由をきっちりと説明したのは今日の解説が初めてではないでしょうか?

曰く、かちあげは正統な相撲技で、何ら批判すべきものではない。
本来のかちあげは腕を相手の身体にぶつけていくものだ。
ところが、白鵬は張り手で相手の顔を止めておいて、顔やあごに肘をぶつけていく。
本人はかちあげと思ってるのかも知れないが、それを一緒くたにするのは大きな間違いだ。
云々

張り手で相手の顔を止めておいて、顔やあごに肘をぶつけるというのは、先場所の遠藤戦がまさにそうでしたね。さすがプロだけによく見ていると思います。

しかし、この知恵袋でも再三語り尽くされたようなことなのに、今までアナウンサーも解説も「肘をぶつけていく。」のが問題だという指摘をするのをほとんど聞いたことがない。

せいぜい北の富士さんが「えらいことを(「恐ろしいことを」だったかな)始めたもんだね」と呆れてた程度です。

まさに、「かちあげ」という言葉のごまかしで白鵬をかばってやってたのではないか。

さて、「張り手とかちあげ(エルボー)」を封印された白鵬は、今後も同じように勝てるでしょうか?それとも、居直ってまた再開するでしょうか?

しかし、そうなれば、いよいよ「肘打ち」の禁止が議題に上るのではないかと思うのですが、期待のしすぎでしょうか?

稀勢の里は心配だが、白鵬の汚い相撲を見なくて済むなら、それだけでも100倍気持ちよく相撲を見ることができますね。

閲覧数:
857
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tek********さん

2018/1/1915:55:54

境川親方の解説は良かったです。
白鵬の肘打ちを指摘できる空気ができたのは喜ばしいことです。

相撲ファンは強くても汚い相撲をとる横綱は好きになりませんよ。
北の富士さんが「もう40回も優勝したんだからいいんじゃないの」
「数字にこだわるからこんなことになる。横綱は思い出したときに
いいお相撲さんだったなと思ってもらえないと」なんて言っていましたね。

張り手肘打ちを再開するなら、春場所・大坂は相当なヤジだと思うので
休場して5月の両国からではないか?と考えています。
肘打ち禁止は、後手後手の相撲協会や横審を見ていると期待できないかな。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「境川」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sei********さん

2018/1/1709:40:22

これはかち上げじゃないね

これはかち上げじゃないね

cze********さん

2018/1/1708:13:20

同感。境川親方の「かち上げ」と「肘打ち」の解説はとてもよく理解できた。中継を見ていた全国の大相撲ファンは溜飲を下げたのではないだろうか。そして、協会に対して品格のある相撲内容を求める声が多くなることを期待したい。
加えて、土俵入り以外、白鵬はケガをしていないのにずっと右肘に見苦しく醜いサポーターをつけているが嫌いで仕方がない・・・・・

kho********さん

2018/1/1702:25:26

エルボーで顔面をドツク行為は、拳で殴るより破壊力があるから、多くのスポーツでは、反則なのに、なぜ白鵬だけ認めたのか疑問でした。これからは、しっかり反則負けにすべきですね。白鵬は、先場所のようには勝てないと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる