ここから本文です

政府の借金が増えるといつか財政破綻する、というデマの説明は、間違いや飛躍が多...

aim********さん

2018/1/1712:47:03

政府の借金が増えるといつか財政破綻する、というデマの説明は、間違いや飛躍が多いと思いませんか?また、事実との矛盾があると思いませんか?

どんな間違いがあるか、色々と挙げて雑談できればと思います。

<間違いの例>
・政府の借金が自国通貨建であることを考慮しない
・政府の借金は税収から返さないといけない

※ 財政破綻するという意見も出るかもしれませんが、罵倒して逃げる、詭弁で元の話に戻らないなど、ないようにしましょう。また、なるべく現実の範囲でお話ししましょう。


これは検索用のキーワードなので気にしないで下さい→日本の借金 国の借金 1000兆円

補足財政破綻論者の回答者の方は、私のコメントから逃げるのは結構ですが、doqさんのように私のコメントをブロックするのはやめて下さい。

これも財政破綻論者が自分の間違いを認められないというパターンですね。

閲覧数:
503
回答数:
10
お礼:
500枚

違反報告

回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bli********さん

編集あり2018/7/2213:33:57

「政府の借金が増えるといつか財政破綻する、というデマの説明は、間違いや飛躍が多いと思いませんか?」

政府の借金が増えるといつかは財政破綻するというのは当たり前です。
政府の借金が増えても財政破綻をしないというのであれば、2010年のギリシャの財政危機や2001年のアルゼンチンの財政破綻などは起こり得ないはずです。

間違いの例
・政府の借金が自国通貨建であることを考慮しない
政府の借金が自国通貨建であっても財政破綻をする事はあります。
http://www.world401.com/saiken/m/default.html
このサイトの国内債務として載っているのが国内の債務でで財政破綻した国の一例です。国内の債務で財政破綻したと言う事は基本的に自国通貨建で財政破綻したと言う事です。
日本の終戦直後も大きな借金を持っていましたが、お金を刷る事によるインフレで大幅に通貨価値を下げ、預金封鎖を行い国民の預金の通貨価値を無理やり下げる事で借金の返済を行いました。一応デフォルトとは言えませんけどね。
自国通貨建というのはどこの国でも基本的にそうであるはずです。
私たち日本人がアメリカ国債を持っているのは日本円建でなくアメリカドル建です。それと同様に基本的に国債はその国の通貨建で発行されます。
ただサムライ債とかの例外もありますが。
もしそれが外国人が国債を持つか、国内の人が国債を持つかということを考慮すべきというのなら話は別です。
外国人が持つ方が利率をあげたりしなければならないので、財政にとっては良くないです。利率には対外純資産の影響が大きいという主張がありますが、それは本題とは関係のないので置いておきます。
・政府の借金は税収から返さないといけない
それは間違っているでしょう。
政府がお金を刷る事でインフレを引き起こし、国民の持っている金の通貨価値を引き下げ、その引き下げた分を政府が刷る事で得た通貨の通貨価値として得る事が出来ます。
ただし、税金であろうと、インフレによる通貨価値の下落であろうと国民の負担はそこまで変わりません。ただ違うのはインフレは持っている自国のお金の額の分を負担しなければならないという事です。言い換えれば物を買ったり、外貨を買ったり、株を買ったり(株はヘッジとしての効果は薄い面もあるが。)すれば負担から抜け出せる事が出来ます。
お金を刷ってインフレを引き起こす事をインフレ課税などと言う人もいます。
インフレ課税を税金とみなせば政府の借金は税収から返さなければならないと言う主張も正しいと言うこともできますが、それは言葉の解釈の仕方の問題でしかないのであまり多くを話しても無駄でしょう。

  • 質問者

    aim********さん

    2018/7/2315:09:20

    質問は、別に外国政府や通貨制度の異なる昔まで含めた話をしているわけではありません。
    20年以上、日本政府の自国通貨建て借金を財務省とマスコミが「国の借金」と呼んで世間の不安が煽られていることを背景とした質問です。

    近年騒がれている日本政府の自国通貨建て借金の増加でデフォルトすることは無いのに、デフォルトするという間違いが世の中に溢れているということです。

    リンク先を見ましたが、最初のデフォルトの定義にあるように、繰り延べと通貨切り下げも入っているようです。更には、原因が借金増加ではなく戦争である場合も含まれています。

    その一つが、ピックアップされている日本の戦後です。ベトナムもそうですね。

    日本については後述するとし、ギリシャとアルゼンチンについて。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hir********さん

2018/6/2907:22:33

財務省の陰謀です。
税金を徴収して、予算権で自分の権力を強くしたいだけです。
財務省の言うことをそのまま報道しているのが今のマスコミです。

借金1000兆円は嘘です。
国の貸借対照表は負債合計は確かに1400兆円ですが、資産が950兆円あります。
その中で比較的換金可能なのが650兆円です。
また国債は日銀が持っています。
日銀は子会社のようなものなのでその資産490兆円を相殺できます。
連結ベースで見ると
1400-650-490=260兆円です。
本来民間会社だと資産-負債なので
1400-950-490=-40兆円です。
財政再建は終わっています。
他の国と比べれば分かりますが日本は資産世界一です。
だから消費税増税しなくても良いし、市中の国債不足なのでもっと国債を発行して景気回復、教育無償化に使うべきです。

  • 質問者

    aim********さん

    2018/7/1021:01:22

    財務省の言うことをマスコミがそのまま報道すると、国民はその情報に不安・恐怖を感じるんですよね。

    日銀は財務省が株式の55%を保有しており、政府が監督していますので事実上子会社です。

    連結で考えるなら政府の負債と日銀の資産だけでなく、政府と日銀の資産と負債を連結するということになるでしょう。
    ここで注目すべきは、負債側の当座預金と日本銀行券、つまり、無利子の負債です。結局、連結で考える場合、日銀は政府の有利子の借金を無利子に変換できるということになります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

s56********さん

2018/6/1705:24:49

・返済と完済を混同している
・政府と国家を同一視している
・通貨単位を無視する
・通貨発行権を理解していない
・市場金利の上昇が債務残高すべてにかかると思っている
・時期や理由はわからないけど「額が大きいからいつかは破綻する」と思っている
・借金だけがこの世に生まれてくると思っている
・金は使ったら消えて無くなると思っている
・通貨発行するとハイパーインフレになると思っている
・通貨発行できるなら無税でいいじゃないかと飛躍したことを言い出す


そんでもって

・こんな不幸な国に生まれた自分はなんて不幸なんだ!政治家や官僚のせいで俺は不幸だ!という悲劇の主人公としての自分に酔っている


などですかねー

  • 質問者

    aim********さん

    2018/6/1809:25:48

    たくさん挙げていただき、ありがとうございます。
    確かにどれもよくありますね。いくつかピックアップすると、

    ・市場金利の上昇が債務残高すべてにかかると思っている

    少し知識がある人で、こういうのありますよね。


    ・時期や理由はわからないけど「額が大きいからいつかは破綻する」と思っている

    やっぱりみんな、額に惑わされてしまうようです。また、借金が増えると信用が下がると言う人も多いですね。そしてなぜか「最後」は金利が上がるとか、「最後」を作りたがる。


    ・借金だけがこの世に生まれてくると思っている
    ・金は使ったら消えて無くなると思っている

    ありますね。資産と循環のない世界…
    払った税金も消えたと考えるんでしょうか。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

doq********さん

2018/5/3122:25:43

>政府の日本円建て借金が増えていくと財政破綻する、というならば、どのようにして財政破綻するのですか?


質問者の言いたいのは
「日銀が国債を引き受けるから無尽蔵に紙幣を印刷できる」でしょう。

しかし、紙幣を印刷して発行するのは日銀会計では負債勘定に計上されるのです。
つまり、どんどん負債勘定の金額が増えます。

この負債を解消するのは
①国債を売ったとき、つまり売りオペを実施して市中銀行の資金を日銀が回収する。
②国債が満期になって政府が額面金額を日銀に支払う。

以上の2方法しかないのです。
①②どちらも資金が日銀に入るので負債勘定の金額は消えます。

質問者の主張「無尽蔵に紙幣を印刷できる」では正解とは言えません。

だって、それでは永久に日銀負債は解消できないからです。
逆に負債勘定が増加する一方です。

  • 質問者

    aim********さん

    2018/5/3122:53:25

    >質問者の言いたいのは「日銀が国債を引き受けるから無尽蔵に紙幣を印刷できる」でしょう。

    いえ、紙幣に限りません。そこ以外はおっしゃる通りです。


    >しかし、紙幣を印刷して発行するのは日銀会計では負債勘定に計上されるのです。
    つまり、どんどん負債勘定の金額が増えます。

    紙幣に限りませんが、日銀は負債を発行する際に資産を購入しますので、負債がどんどん増えるときは資産もどんどん増えます。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kaw********さん

2018/5/1912:17:23

財政破綻とか特別なことは起きないと思いますが。財政破綻とは国にお金が無い(借入が出来ない等)ことと思いますので、公共費や社会保障費等が払えないことですので、想定はされないと思います。国にお金が無くなると、消費税等の増税や、医療費や介護費の個人負担を増やすとか、何らかの国民負担が増えると思います。

自国で発行していても関係無い様に思うのですが。寄付で無いので。事前に財政均衡(増税か歳出削減で)を検討するのが良いですね。
国の借入金が増えると支払利息が増えると、経済対策等に使えるお金が減るので困ると思います。(支払利息は今年は年9兆円位ですが。今は利率が低いので少ないのでしょうね)

  • 質問者

    aim********さん

    2018/5/2010:28:46

    国の借金ではありません。
    「国=政府+民間」なので、「政府の借金」です。民間の借金を「国の借金」とは言わないでしょう。支出についても同じです。

    財政破綻とは、政府が借金の支払い期限や利払いの期限に支払いが間に合わなくなることです。
    世間で不安視されているのは、政府は借金を借金で返していて、借金が増え続けるとこれを続けられなくなり、債務不履行となる、ということです。
    こうなると政府は借金して返済ができなくなり、政策にはお金を使えなくなるため、借金は税金で返済する必要があると想像されているわけです。

  • その他の返信(5件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる