ここから本文です

独立行政法人の任期付職員の採用後の実態について 現在地方公務員として働いて...

yub********さん

2018/1/1809:23:07

独立行政法人の任期付職員の採用後の実態について

現在地方公務員として働いている40代半ばになろうかという者です。

色々な事情から、希望する業務に異動できていないところ、
国の独法機関で、希望業務の任期付職員募集を見つけました。ただし、任期は1年で、※として、任期途中または任期終了時に所定の審査により任期の定めのない常勤職員(60歳定年制)になる場合がある云々の記載があります。

既に、採用係には、福利厚生や給与等の話も聞き、気になっています。
ただ、当然なのかもしれませんが、任期の面の回答はモヤモヤしたままでした。


そこで、ご質問したいのは、実際にこのように雇用された者が、全体で何年くらい雇用されるものなのか?、あるいはどのくらいの割合の方が正規雇用になるのか?といった情報が知りたかったところです。

諸々の資格もあるので、最悪独り立ちはできますが、
妻子ある身、現状の安定を投げ打ってまでトライして良いのか悩んでいます。

何か雰囲気だけでも分かる方や情報サイト等紹介頂ければ幸いです。
どうぞ宜しくお願いします。

閲覧数:
273
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ber********さん

2018/1/1810:28:38

独立行政法人にもいろいろあって、しかし人事面を国が直轄しているわけでないからには、裁量はそれぞれの法人任せということです。

「場合がある」とのあいまい表現は、実態として「各自にそうなる」場合から「ほとんど望めない」場合までを広く想定しておくべきで、どの行政法人かをご質問で開示できない限り、ご自身で「〇〇行政法人 任期付き 常勤化」などと、工夫を凝らした複合検索で核心情報ヒットをめざしていかれることです。

また面接での先方の説明が必ずしも真実のツボを突いているとも限らなく、なんとなれば「やる気を引き出させるためのニンジン作戦」でしかないことだってありえましょうから、過度に期待を寄せて職業人生を賭けてしまうのではどうか、というところです。現在が路頭に迷っている境遇であればともかくも、現在の定職と引き換えていいのかどうかはギャンブルなので…

  • 質問者

    yub********さん

    2018/1/1918:25:24

    berobeimanさん、貴重なアドバイスありがとうございました。
    ご指摘の点、つくづくもっともと感じています。

    正直任期後のことは不安ですが、
    心のどこかで、後押ししてもらいたい自分がいるようです。
    でも、やはりそうですよね。。。

    妻に打ち明ける前に、
    色々と事前準備をと思っていましたが(汗)、
    やんわりと雰囲気を聞いてみることにします。。。



返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる