ここから本文です

大商人でも、お宝が店にあるかどうかは怪しいのでしょうか。 結構、債券みたい...

dyw********さん

2018/1/1822:15:52

大商人でも、お宝が店にあるかどうかは怪しいのでしょうか。

結構、債券みたいな形になっていて、小判、丁銀、などのお宝が蔵にあったかどうかは怪しいのですか。

いつもいつも、うず高く千両箱がうなっているわけでもなかったのでしょうか。
おカネは働きに出ていて、蔵にないことが多かったのでしょうか。

補足鬼平にも、お宝を奪われるよりも、証文の類いを奪われたほうが被害が大きく、早晩店が潰れた話がありました。
掛け商いでの、請求書のようなモノが資産として大きな部分を占めていたのですか。
一分銀の千枚くらいは常時あったけれども、小判が常にうなっていたかどうかは疑問ですか?

閲覧数:
16
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

edo********さん

2018/1/1822:22:49

大店の場合お金が集まるのは節季払いや晦日払いの集金があったときだけで、それから仕入れ代金を払うといくらも残らないのが普通です。もし多くの金が残った場合は両替商に預けます。

  • 質問者

    dyw********さん

    2018/1/1822:29:04

    今でも、そういう取引が田舎ではわずかに残っているようですね。
    締めの時だけおカネが集まるのですね。
    掛け売りが多かったのですね。
    時代劇は、いつでも盗賊が出ますが、本当は一年に二回くらいしか出なかったかもしれないですね。
    溜まりに溜まったところを狙ったのでしょうね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/1/24 22:52:45

お二方ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

rui********さん

2018/1/1908:30:59

いわゆる自転車操業ですよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる