ここから本文です

外壁塗装・屋根塗装について 17年経つ家ですが、周りが外壁塗装してるのと結構...

アバター

ID非公開さん

2018/1/1916:44:52

外壁塗装・屋根塗装について
17年経つ家ですが、周りが外壁塗装してるのと結構色あせてるので近所の外壁塗装をしたときにあいさつに来た人の名刺を見て連絡しました。

見積もり欲しいと伝えましたが、結局見積もりを出してくれませんでした。理由は最低3社は見積もりとりますと言ったらうちは他より高いですが信頼と実績と保証で商売してますとの事。たたき台にされるのがいやみたいです。

とりあえず、他社をあたってみてそれでも見積もり欲しいならまたこちらから連絡しますと伝えました。

他の塗装屋に連絡しますが、塗装業界って合い見積もりとるって言ったら見積もりもくれないのですか? なかなか殿さま商売だなと思いました。

正直対応もめんどくさいので2社か最大3社から見積もり取るのが一杯だと思います。
見積もりを取るに当たって注意する事は何ですか?

閲覧数:
674
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yc_********さん

2018/1/2018:42:42

たたき台にされて嫌がるのはどの業者さんでも同じだと思います。

でもただ単に価格だけに着目してたたき台にされるのではなく、しっかり施工内容に着目して真剣に検討してくれるという心づもりが施主側にあれば、その業者さんも見積りを出してくれるかもしれません。

今の時代「見積もりは3社以上で」というような標語に似たことばも業界ではあるぐらいなので、すごく軽い気持ちで見積もりを取る方も中にはいます。

業者とすれば、見積もり書の提出までには結構時間と手間を要します。

その家に最適な塗料を考え、家の図面から各項目ごとに㎡数を算出して、現調時のDVDまで出す業者さんさえあります。

あまりの多くの業者さんに見積りを取っているため、他の業者に間違え電話を掛ける方もいるぐらいです。

なので殿様商売というよりかは、価格のみならず施工内容も真剣に捉えてほしいという意味合いももしかしたらあったのかもしれません。

中には見積もりできたらポストに入れておいてという方もいます。

施工内容を真剣に考えれば、見積もりを見ながら話を聞きたいのではないかなとも思ったりするのですが、まぁそこはまちまちなんだなとは思いますけど。

見積もりを取る際に注意する点ですが、極論を言えば多くとればいいっていうものでもなく、きちんと業者選びの基準を設けて、そこから複数取るのがいいと思います。

ただ闇雲に取るのでは意味がないのと、選別に苦労することになると思います。

色々な業者選びはありますが、やはり一級塗装技能士などの国家資格をもった「代表者」の業者さんから選ぶことをお勧めします。

理由は外壁塗装をする業者にとって、商売をするのに資格や許可が不要だからです。

なので昔からずっとやっている業者さんの方が実績もあって信頼度があると思います。

それを証明するのが代表者が一級塗装技能士を持っている業者、、ってことになります。

もちろん実績があって資格を持っていない代表者の方も世の中にはたくさんいますが、消費者から見ればその見分けが付かないので、国家資格に注目するわけです。

これはどんな業者選びよりも有効な手立てとなるはずですので頑張ってリサーチしてみてくださいね。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

god********さん

2018/1/2011:57:10

実際の理由は分かりませんが、相見積はやらないというところも、結構あります。

最も大きな理由は、無理に仕事を取らなくても仕事があるということです。

どのような業界も同じですが、やたらとサービスをつけたりする会社は仕事を取らないといけない理由がある(仕事が無くて切迫している)のです。広告バンバン出している会社も同じです。何とかして契約を増やさないと会社が回らない・・・・。

一括見積サイトですが、私は薦めません。
非常に多くの方が、見積比較サイト経由で依頼してトラブルにあって、私のところに相談してきています。
依頼されて調査したことがありますが、どれも技術的に下手で、意図したか分からないですが結果として手抜きなっているような状態です。

ここで比較サイトを勧める人は、その様なサイト関係者か、自身がその様なサイトに登録している業者でしょう。

ryo********さん

2018/1/2009:03:37

美装 塗装業です。

断った理由はいくつか考えられます。

・訪販業者で割高設定 (P●Sホーム、み●いグループ等)
・上記の様な訪販業者の下請価格と天秤に掛けられるのを嫌うパターン
・基本的、バカが多い業種なので、単にモノの言い方が分からない
・値段重視で叩かれるお客さんだと見られたか、又はそんな会話があったか。


少し前と比べて、溢れていた塗装屋が減っており、元請とのやり取りでも五分五分の付き合いになったり、どうかすると施工下請や職人のほうが偉くなったりしてるのも事実です。
塗装はどこも若手がたくさんいたんですが、雨天でも現場があり日当になるからか、今は足場屋の方に流れてます。

うちは若干名の法人です。ゼネコンの3次での中規模(3000平米)だったり、高級戸建メーカーのアフター塗り替えだったり、全国チェーンの訪販もマトモな一社のみやりますが、基本的に常識の範囲なら単価の良い悪いより、元請の態度で請けるか判断します。
対応が丁寧で現場管理も怠らず、例え建前でもコミニュケーションをとってくれる人でしたら、損益分岐点ギリギリでもやりますし、逆に知り合ったばかりで仕事は途切れずあるが専属下請どう?○○○円で合いますぅ?みたいなノリのパターンには、「忙しくて再来年あたりにまた連絡してみてくださいw」と嘲笑って切る事もあります。

私らもそうですが、質問者様側のお客様も人柄をよく見ることが大事です。
私の第六感かも知れませんが、特に訪販系は管理や営業の顔には会社がまともかどうか書かれてます(笑)
そして、見積もりを取る項目の平均単価を知っておくこと。
屋根、軒、壁材、そして樋や破風などの付帯塗装にどの材料を平米またはmあたりいくらでやるか細かく精査出来れば御の字ですが...
トータル○9万8千円でやります!のような広告じゃ、ろくな仕事はまずされないでしょう。

塗装はホントにピンキリです。

頭から叩かない事、叩けば叩くほど仕事はその倍手抜きされます。

bea********さん

2018/1/1921:16:59

塗装屋は「見積り無料!見積りだけでも!」と言ってますが、それは受注が前提です。実際見積りだって手間かかりますので!
確実でないと見積りもしたくありません!
相見積りなのわかってたら尚更です。
これは私見ですが!

ooy********さん

2018/1/1918:05:11

比較サイトが5つほどあるから、色々と試してみたらいいと思う。

業者はそのサイトに8~10%の成約料を取られるので、
その分が割高になるがボッタクリは防げる。

この手のサイトが出来て、塗装屋は儲からなくなったと
嘆く業者が多いが、そんなことはどこでも一緒。

足場が自社か外注かで、コストが違うもの。
また価格のほとんどは職人の手間だよ。


見積りも出ない業者は縁が無いとして、無視するのがいい。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる