ここから本文です

武尊山(ほたかやま)の当て字に関して

jik********さん

2018/1/2014:41:32

武尊山(ほたかやま)の当て字に関して

穂高見命を祀っていたホタカ山に「武尊」の漢字が当てられているのはどういった理由ですか?
穂高見命を祀っいる山、上州穂高山でもいいと思いますがなぜでしょう。

閲覧数:
69
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

for********さん

2018/1/2016:54:20

穂高見ってなんだか知らんけど、そんなもの祀られてないよ。
武尊の名が付いたのは江戸時代らしいけど、日本武尊伝説の後付けのようで。
山頂にあるのは日本武尊の像だね。
そもそも穂高とは何の関係も無いはずだし。
山麓の友達は「ほたかさん」と呼んでた。ほたかやまとは言わないようだよ。

  • 質問者

    jik********さん

    2018/1/2017:02:39

    移住してきた信州の安曇族がホタカ山と呼んで穂高見命を祀っていたみたいですよ。百名山では、「ほたかやま」みたいですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pan********さん

2018/1/2016:56:47

まず基本。
音と字は別もの。
たいていの場合、最初に音があり、後から漢字を当てることが多い。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる