ここから本文です

会社法定にもとづいて株式の譲渡が制限される場合、株主は、株式を誰にも譲渡する...

omuraisunikuさん

2018/1/2016:13:15

会社法定にもとづいて株式の譲渡が制限される場合、株主は、株式を誰にも譲渡することができない

とはどこが間違っていますか?わかりやすく教えてください

閲覧数:
16
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mnb9876543さん

2018/1/2018:30:16

株主は、誰にでも自由に譲渡できる。
会社の意思に反しても、譲渡はできる。

ただし、
譲渡承認ない株式は、会社に対抗できない。
新株主は、配当や議決権がない事になる。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2018/1/2017:39:29

買主につき会社の承認を得れば、譲渡できる。
会社の承認得られないときは、会社または会社の指定する者に譲渡できる。

会社法136条以下。

教科書の定款による株式譲渡制限のところを読めば書いてある。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。