※ 熟年離婚後、年金需給時の元奥さんの元旦那の年金受け取り分について お知恵を拝借したいと思います。 熟年離婚後、年金需給時の元奥さんの元旦那の年金受け取り分についてお知恵を拝借願います。

※ 熟年離婚後、年金需給時の元奥さんの元旦那の年金受け取り分について お知恵を拝借したいと思います。 熟年離婚後、年金需給時の元奥さんの元旦那の年金受け取り分についてお知恵を拝借願います。 私は56歳で現在もその当時もサラリーマンです。 そして私は【50歳】にて離婚しました。家内は7歳年下(【当時43歳】)です。 婚姻期間は【約20年】です。 弁護士を介入した民事裁判にて離婚に至りました。(最終は協議離婚の形を取りましたが) 本題ですが、20年間の内助の功ではないですが、私の年金需給(基礎年金)の半分(50%)だったと思いますが、元家内に徴収される様に相手側の弁護士より書面にて交わされました。 ここで質問ですが ① 元家内に徴収される金額はどの部分(基礎年金かどうか)で何パーセント徴収されるのか? ② 元家内に徴収されるのは私が年金の需給が始まる65歳からなのか、元家内が65歳に至った際に徴収されるのか? つまり、私(65歳)⇒元家内(58歳)・・この時点なのか? 私(72歳)⇒元家内(65歳)・・この時点なのか? ③ この徴収金額の減額申請等は法的には可能な場合があるのでしょうか? ④ 後、何か気をつけておいた方が良いことがあればアドバイスをお願い致します。 皆様のお知恵を借りたいと思いますので宜しくお願い致します。

家族関係の悩み | 法律相談339閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

拒否しても内容によりさいばんで妻が勝つでしょう。貴方があんぶんするのは厚生年金の部分ですので、基礎年金の部分は分割にならないです。奥さんが扶養に入った時の厚生年金の部分です。一度は愛した方なので、その部分は誠実に分けたら良いと思う、家庭の事情で扶養に入っていたのだし、妻にも老後はあるから。ある意味二人で家庭を築いたんですから。

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

拒否できると聞いたことあるのですか?

回答ありがとうございます。 拒否が出来るとは聞いたことはないですが、私が生活に必要な年金でないばあいに拒否が出来るのかと思っただけですので。 そんな甘い話はないと思いますが。。