ここから本文です

賃金勘定を書く際、当月未払と前月未払の金額は直接労務費と関節労務費を区別せずに

アバター

ID非公開さん

2018/1/2415:19:34

賃金勘定を書く際、当月未払と前月未払の金額は直接労務費と関節労務費を区別せずに

(加工時間+段取時間+関節作業時間+手待時間)×予定消費賃率で求めるという理解でいいのでしょうか。

閲覧数:
42
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ske********さん

2018/1/2417:09:51

その通りです
そもそも賃金勘定を直接と間接に別けていないため未払賃金も同様に両者を合わせた金額になります

アバター

質問した人からのコメント

2018/1/24 17:15:52

ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

tri********さん

2018/1/2417:10:18

直接工賃金の場合でしょう。
直接工の賃金については、加工時間+段取時間に予定消費賃率をかけた額が直接労務費、関節作業時間+手待時間に予定消費賃率をかけた額が間接労務費としてそれぞれ仕掛品勘定と製造間接費勘定との流れていきます。ちなみに間接工についての賃金は、すべて間接労務費として製造間接費勘定に流れていきます。上の文章を読ませていただいて、そのことが理解できておられるか、少し疑問に感じたし、よく理解からもれている箇所なので、あえて記させていただきました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

せっかくの機会が台無しです

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる