ここから本文です

1948年から1996年まで施行されていた旧優生保護法は、遺伝性疾患や知的障害のある...

アバター

ID非公開さん

2018/2/205:14:10

1948年から1996年まで施行されていた旧優生保護法は、遺伝性疾患や知的障害のある患者らに、本人の同意なしでも不妊手術を行えると規定しています。HBCが入手したのは、法律に基づく不妊手術

が最も多かった道内で、手術が妥当かを審査していた優生保護審査会の資料で、1963年、男女37人について、道へ不妊手術を申請していたことがわかりました。このうち2人については、家族が手術を希望していませんでしたが、審査会は「手術を受けなければならない」としています。旧優生保護法にもとづく不妊手術については、宮城県の女性が、憲法違反だとして、国に損害賠償を求める裁判を起こしています。

優生保護法どう思う?

閲覧数:
149
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nyn********さん

2018/2/205:59:54

難しいかな

アバター

質問した人からのコメント

2018/2/2 06:02:10

短文回答しかできない統失???

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる