ここから本文です

建築業においての「法定福利費を内訳明示した見積り」について質問です。 ある製...

kyu********さん

2018/2/308:17:49

建築業においての「法定福利費を内訳明示した見積り」について質問です。
ある製品を現場取付するとして、その製品も自社生産だった場合、どのように明示するとよいのでしょうか?

取り付け工賃については、計算すると色んな資料に書いてある通り、約15%になりました。取り付ける製品は自社生産で、製品にもよりますが5~7割が人件費です。その分の法定管理費も内訳を明示するのでしょうか?あくまで現場作業のみでよいのでしょうか?

以下、愚痴になりますが、「法定福利費~」について、厚生労働省は、いかにも弱者保護(社会保険加入推進)のように解説しますが、もともと加入している多くの会社にとってはいい迷惑です。「材・工」でぼかして、何とかわずかな利益を出していたのが、手の内を明かし、新たな値切り代を生み出すだけです。消費税の8%を値切られ、更に15%値切られたらほぼ利益はおろか粗利も残らないです。継続した取引のある顧客に対して、従来の見積り基準に法定福利費を上乗せする訳にはいきませんもんね。

閲覧数:
497
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mon********さん

2018/2/314:53:31

<取り付ける製品は自社生産で、製品にもよりますが5~7割が人件費です。その分の法定管理費も内訳を明示するのでしょうか?あくまで現場作業のみでよいのでしょうか?>

それらを纏めてご自由ですですから

計算に入れたいと思ったら含めたら良いし、含めたくないと思えば加算しなければ良いだけです。

国交省の「建設業の福利厚生費を含めた見積の作成」ですが、
これらは国交省が出したあくまで指針であって強制では無く、また制度化されたものでもありません。

国交省のHP上には「法定福利費を内訳明示した見積書の提出・尊重を要求しています」という文面が書かれていると思います。(というか書いています)

ですから法令や政令で決まったものではありませんせんから 愚痴として書かれておられるようにお考えでしたら、
特別に書かなければいけないというものでもありません。

これはあくまでも、政府が建設業労働者から厚生年金保険料を徴収するために、考え出されたものですから、

愚痴として書かれておられるようなはっきりとした事由がおありでしたら、特別 内訳表示されることもありません。

当社は最初から厚生年金保険は加入していますから でよろしいと思いますよ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる