ここから本文です

徳川家康はなぜ尾張を拠点にしたのですか?

ken********さん

2018/2/514:14:10

徳川家康はなぜ尾張を拠点にしたのですか?

幕府を江戸にした理由は、秀吉に江戸への国替えを命じられたことかなぁと思うのですが、その後天下を取ってから親藩を尾張にした理由がイマイチわからないのです。家康は三河出身なので、岡崎城を拠点にしてもおかしくはないと思うのですが、街道が集中する等の地の利があったからなのか、その他確たる理由があったからなのか、詳しい方は教えてください!

閲覧数:
224
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

usai21さん

2018/2/517:30:21

ご質問は尾張を拠点にした理由というより、三河を拠点にしなかった理由ですよね。

表面的な理由でいうと、三河は十八松平や、その他三河譜代の故地であるので、それらのために細切れに領地を割いて与えているので、大藩が作れないという問題があります。

しかしながら、それは関東に領地を与えて転封してしまえばいいのであって、究極的な理由ではないと思います。多少の抵抗はあるでしょうが、それに腰砕けになるほど徳川家康の権威は弛くありません。

究極的には徳川家康が三河に対して愛着というか執着がなかったのだと考えます。

将軍を秀忠に譲ってから家康が腰を据えたのは駿河の駿府城です。

駿府城は徳川家康が幼い頃に人質と過ごした場所で、老境に至ってここに拠点を構えたのはやはり駿府のほうに執着、愛着があったのではないでしょうか。

また、関東移封以前でも、遠江を支配下に置くと徳川家康はさっさと三河を引き払って遠江浜松に移転しています。

若い時からあまり三河に貼り付いている感じではありませんので、三河に執着していなかったのはある程度事実だと言えると思います。

また、尾張に拠点を作りたかったというよりは、駿河に拠点を作りたかったはずです。

徳川家康が最も可愛がっていた徳川頼宣は隠居後の徳川家康が駿府に置いて膝下で育てられました。

徳川家康からそのまま駿府を譲り受け、ここに御三家の原形ができました。


徳川頼宣は徳川秀忠の代になり、紀伊に転封となり、紀州徳川家となりました。
徳川頼宣は徳川秀忠の次男忠長のために駿河を空けさせられたのです。

質問した人からのコメント

2018/2/8 15:47:10

「家康は三河にあまり愛着をもっていなかった」そんな気がしましたのでベストアンサーにしました。ただ、他の方のご説明もよくわかりましたので感謝します。ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pdc********さん

2018/2/713:04:04

関が原の戦いで東西に分かれて天下分け目の決戦が行われました。(1600年)
1603年には江戸幕府が開府されますが、西の脅威がなくなったわけではありません。他の回答者の方とは考え方が違いますが、家康は三河に思い入れがあったはずです。そもそも松平のルーツであり、大樹寺や鳳来寺を菩提寺としてますし、つまり三河の(東)防衛の最前基地を尾張に置いたのではないでしょうか。尾張名古屋は城で持つといわれるとおり、名古屋城は威容を誇ります。堀川は物資を運ぶ運河として
掘削されましたが、元々はその名の通り、西軍に対する堀です。しかし大坂の陣で
完全に大阪城は落城して西の脅威はなくなり、天下泰平の世が訪れることになります。

kn3********さん

2018/2/516:53:45

東海道方面ので石高が高く、物流・経済の重要拠点であること。
織田家の根拠地であり、前政権である秀吉とも因縁の深い土地であること。
が理由でしょうかね。

他の大名に与えるには少々危険な土地であると。

mon********さん

2018/2/516:24:06

三河よりも尾張のほうが交通と経済の要所だったから。
尾張は三河よりも小さな面積だけど、人口は倍以上あり、
日本で二番目に広い濃尾平野の中心にある。
また、京へにも近くて、畿内を監視できる絶好の場所だった。
足利政権でも、
足利家の分家の中でナンバー1の名門だった斯波家(管領筆頭)が
この尾張国を領国にしていたことからも、尾張国の重要性が分かる。
古代の壬申の乱でも、皇室の兄筋にあたる尾張氏が
大海人皇子に味方をしたために、大海人が勝てたくらい、
尾張を領国にすることは天下に影響を与える。
有名な織田信長も尾張からだからね。

mek********さん

2018/2/514:55:58

そうですかね。元々三河は家康の根拠地なのだから、秀忠に将軍職を譲ったら三河に隠居するのは極めて自然だと思う。また三河は家康の譜代の家臣たちの領地があるところです。秀忠についていって関東に新しく領地を貰った家臣も多いのだけど、だからといって徳川家の故地ともいえる三河を捨てる理由は全くありません。まだ大阪城には豊臣秀頼がいるし、徳川の世を盤石にするためにはまだ仕事が残っています。

忠臣蔵で有名な吉良上野介は三河国幡豆郡が領地でした。そんな風に旗本の領地があった筈です。自分の周りを忠実な家臣で固めたいと考えるも自然だと思う。

num********さん

2018/2/514:49:44

陸路でも海路でも東西をつなぐ要所ですし、
当時は濃尾平野が国内随一の米どころですからね。
信長が天下統一に邁進できたのも、
その経済的メリット抜きには語れません。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる