ここから本文です

築24年のリフォーム済み中古一戸建てを購入予定で引き渡し前にホームインスペク...

har********さん

2018/2/623:24:43

築24年のリフォーム済み中古一戸建てを購入予定で引き渡し前にホームインスペクション(住宅診断)してもらいました。

後日、結果が送られてきて、白アリ被害なし、雨漏り被害なし、給排水水漏れなし・・・という感じで「問題なし」でした。
白アリの防虫処理と外壁シーリング保守をするべきと指摘しているだけでした。
でも、僕が一番心配な断熱とか素人では探れない問題には触れてないです。
所用時間2時間で5万円かけてお願いした住宅診断は意味あったのでしょうか?
どこもこんなものですか?

閲覧数:
358
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

田中勲さんの写真

専門家

田中勲さん

2018/2/1223:06:03

住宅診断(ホームインスペクション)をすることは意味のないことでは御座いません。

Yahoo知恵袋で専門家登録して頂いているゼロシステムズの田中と申します。

一般的な住宅診断は、目視を中心に中古住宅を診断していきます。

従って、床下や天井裏を覗いて、雨漏り、水漏れ、蟻道を発見することができます。

しかし、ご質問者様が懸念している壁内の断熱材の有無や施工状況を一般的な住宅診断では、知る術は御座いません。

私が提唱している建物診断では、一級建築士による住宅診断に加えて非破壊検査も活用しています。

赤外線サーモグラフィーでは、表面上に判らない壁内の雨水侵入や断熱材の有無なども判ります。

超音波クラック深度測定器を使うと基礎コンクリートのひび割れの深さから、引き割れの深刻度も判ります。

また、金属探知機や打診検査も行ないますので、建物の内部を壊さないである程度診断できる技術を非破壊検査といいます。

詳しくは以下をご参照ください。

http://www.0systems.com/

また、電磁波測定、ホルムアルデヒド濃度測定、放射線量測定、一般診断法による耐震診断なども私が提唱している建物診断には導入しています。

住宅購入は、単に『建物を購入する』だけでなく『家族が生活する家を購入する』と考えると、単に『建物が大丈夫か?』でなく『そこに住んでも安心か?』の観点で診断するようにしています。

お役に立てれば幸いで御座います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

田中勲さんの写真

田中勲

不動産業

欠陥住宅評論家が仲介手数料無料で住宅購入を支援

・ ・ 私への回答リクエストの際は、ご質問者様は、ID非公開でなくID公開でお願いします。 ◆専門家としての運営サイト ・仲介手数料無料のゼロシステムズ ・非破壊検査の田中住宅診断事務所 http://www.0systems.com/ YouTube動画でも解説しています...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hbs********さん

2018/2/1207:20:11

インスペクションの問題点を一級建築士が解説しています。
https://youtu.be/MJU-aMlWDxA

プロフィール画像

カテゴリマスター

kam********さん

2018/2/1013:53:44

①断熱性能を確認する為には、「断熱に関する相当な知識」と「現場での確認行為」が欠かせないので、5万円で完全な診断する事自体が難しいと思いますよ。

②天井裏や床下で、潜れば簡単に確認する事が出来る断熱材以外で、壁の中などは、壁の一部を剥がして見ないと実態が分からないので、修復の費用まで含めると、どうしても躊躇してしまうのです。

③耐震性能に関しても、24年前であればどこまで「N値金物」を使っているのか? 本当に設計図の通りなのか? については壁を剥がさないと確認する事も出来ないので、これについても厳しいですね。

「補足」があれば「追記」が可能です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mar********さん

編集あり2018/2/712:04:55

断熱は別料金でしょう。
断熱の調査はすごく手間がかかります。

nag********さん

2018/2/708:21:35

ホームインスペクター自体があいまいな存在なんです。過度な期待はしないほうが良いでしょう。ホームインスペクターって、どうよ?
↓↓↓↓↓↓
https://www.e-kodate.com/bbs/thread/10860/

中古住宅や中古マンションの売買で、一番不安になるのが『建物がどのくらい傷んでいるか・・・』の劣化状況です。

平成30年4月から宅建業法の改正により、中古住宅を売買する際にその建物は、調査されている建物かどうか を記載することが義務付けられました。

その調査をできる人は、既存住宅状況調査講習を受け、終了考査に受かり、修了証明書の交付を受けた、 一級建築士、二級建築士、木造建築士となっております。

nat********さん

2018/2/707:51:38

そんなものは意味がない
2時間で5万・・・・冗談も休み休み言いなさい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる