ここから本文です

借地権は、相続対象になるのでしょうか? ならないとしたら、更地にして、地主さ...

アバター

ID非公開さん

2018/2/712:54:06

借地権は、相続対象になるのでしょうか?
ならないとしたら、更地にして、地主さんに返還しなければなりませんか?

父が亡くなり、実家の土地建物についての相続について調べていたら、借地権でした。
建物は亡くなった父の名義 土地は地主さん名義

建物は、築40年経過してる

一人息子である私は、住む予定なし

閲覧数:
48
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mokuhyou23さん

2018/2/713:22:29

他人の土地の上の建物は借地にありますので、その建物の名義が変わるということは、相続されるという事になります。

借地権を主張したところで、そこに住むことができるという権利であるので、建物を壊して返さなくて良いことになる権利ではないです。

地主と相談して、どいて欲しいなら自分で壊せ。というなり、撤去費用の一部を負担して欲しいとお願いするなりしたらいいです。

地主も環境により、どいて欲しいタイミングとどいて欲しくないタイミングがあります。基本的に、言い出した方が弱い立場となります。

建物がある限りは、地代が発生するので相続人に地代の請求があります。当然ですが、払う義務が発生します。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sys052511さん

2018/2/920:10:13

借地権は相続の対象です
地主の承諾がなくても、名義を変えることもできます
よって借り続けることは可能ですが、地代は相続した人が支払うことになります。

建物を誰が解体するかですが、状況により変わります

例えば契約が期間満了で、解約を「地主」が申し出れば地主に建物を買い取るよう請求ができます
または契約を解約したいと「地主」が申し出れば、この場合も建物を買い取るよう請求ができます
これを「建物買取請求権」といい、地主はこの請求を拒否できませんので、地主は時価で建物を買い取ることになります
時価ですから例え建物自体の価値がなくても、解体は地主がすることになります

建物買取請求権を行使できない場合ですが「借主」が解約を申し出る様な場合です。
契約満了であっても更新を地主が拒否しないような場合、借り続けることができますから、買取請求権は行使できません

状況を見ると、住むつもりがないのであればあなたから解約を申し出るほかないでしょうね。
買取請求権は行使できません。地主から解約して欲しいような希望がでるまで空家賃を払い続けるという選択肢もありますが
今の地主の状況がわかりませんので、何とも言えませんが。

お父様が亡くなり、地主としてもこれを機会に出て行ってもらおう・・と思って地主から解約を申し出てくれれば、買取請求権は行使できます
状況を良く考えて対応してほうがよいでしょうね

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。