ここから本文です

新日本プロレスが暗黒期から脱したと思ったのはいつ頃ですか?私は2010年頃だった...

ohh********さん

2018/2/806:01:49

新日本プロレスが暗黒期から脱したと思ったのはいつ頃ですか?私は2010年頃だったように感じます。
投げやりだったファンも前向きになっていました。全て失って、それでもいいから俺達は見るよ

というファンが残った。多分にK
-1やPRIDEの自滅、消滅とノアの失速の他力本願漁夫の利はあったと思うのですが、新日本の自浄作用と企業努力がやっと実を結び始めた時が2010年だったような気がします。皆さんの見解をお聞かせ下さい。

閲覧数:
352
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

のっぽさん

2018/2/818:18:55

2009年の1.4東京ドーム大会で武藤敬司から棚橋弘至がIWGPヘビー級ベルトを取り戻した辺りから上向き始めたのではと思います。

当時全日本プロレスの社長であった武藤敬司が保持し、新日本プロレスから流出していたベルトを元付き人の棚橋弘至がやっとの思いで武藤越えを果たし、IWGPヘビー級のベルトを新日に取り戻したあの瞬間が私は忘れられないです。

  • 質問者

    ohh********さん

    2018/2/818:27:00

    武藤は2008年度のプロレス大賞MVPでした。(46歳で最年長受賞)2007年はG1で優勝した棚橋ですが、決勝戦の両国は満員には程遠い入りでした
    。ファンは認めていなかった
    。2009年1.4東京ドーム大会の武藤との試合は初めてファンが棚橋を認めた、新日本を託した日だったかもしれません。猪木ー藤波ー武藤と続いたミスター新日本プロレスを棚橋に伝承されたかなと思い帰路に着きました。
    薄いけど希望の光が見えて来た頃でしたね

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/2/8 19:12:39

回答どうもありがとうございました。
2008から2009といった所がひとつの分岐点でしたね。その中心にはやはり棚橋がいた。
猪木信者だった私は、猪木が新日本を見捨てた事に少なからずショックを受けました。
しかし、アントンが持ち株をユークスに売却せずに子会社にならなかったら新日本は間違いなく倒産していたと思います。
猪木が作って繁栄させて猪木が壊した。
今の新日本はその後の世界。今いる選手応援したい

「新日本プロレス」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

のっぽさん

2018/2/818:44:29

2009年の1.4東京ドーム大会で武藤敬司から棚橋弘至がIWGPヘビー級ベルトを取り戻した辺りから上向き始めたのではと思います。

当時全日本プロレスの社長であった武藤敬司が保持し、新日本プロレスから流出していたベルトを元付き人の棚橋弘至がやっとの思いで武藤越えを果たし、IWGPヘビー級のベルトを新日に取り戻したあの瞬間が私は忘れられないです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

chi********さん

2018/2/808:36:51

アントンが関わらなくなって、子会社になってからでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ban********さん

2018/2/808:23:29

2000何年だったかは忘れましたが、IWGPで棚橋ー中邑戦(雪崩式ランドスライドが炸裂したとき)らへんじゃないでしょうか。同カードにプレミア感がでてきたので。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる