ここから本文です

クトゥルフ神話を調べるため(と興味)に、クトゥルフ神話系のの小説を読みたいと思...

アバター

ID非公開さん

2018/2/1012:13:16

クトゥルフ神話を調べるため(と興味)に、クトゥルフ神話系のの小説を読みたいと思ったのですが、いまいちどれを読めばいいのかわかりません。とりあえずラヴクラフト全集を集めようかと思っているのですがとりあえず

基としてはこれを読めばいいのでしょうか?

閲覧数:
113
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tsu********さん

2018/2/1103:22:21

クトゥルフ神話は、シェアワールドになっているせいで世界が広がりすぎ、個別に小説だけ読んで概観を理解するにはかなりいろんなジャンルに手を出さないといけなくなってしまいそうですから、全体のイメージをつかみたいならまずは解説本から入った方が無難じゃないですか。
あるていどちゃんとしたものとしては
「クトゥルー神話事典 」 (学研M文庫) が手に入れば、関連書籍の一覧なんかもしっかりしているのでおすすめですが、最新版は古書で値上がりしているのでそこまでの値段を出さなくても良いのかな。
他にもいろいろでていますから、とりあえず図書館などで借りてきてしっくりくるものを一冊手に入れればいいんじゃないですか。

小説については、ラブクラフトは確かにかなり読みにくいんですが、やはりオリジナルのあのぬめぬめした得体の知れない不安な世界観は味わっておいて損はないと思います。
とりあえず一、二編。
「インスマウスの影」「クトゥルーの呼び声」(創元推理のラブクラフト全集なら1巻と2巻にそれぞれ入っています)あたりを読んでみて、あとは好みに合えば他にも手を出せばいいし、合わないようなら他の作者の作品に行けばいいんじゃないでしょうか。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

mom********さん

2018/2/1017:05:21

創元推理文庫の「ラブクラフト全集」は非常に読みにくく、難解です。たいていの人がここでつまづきます。

創土社からラブクラフトの作品を解りやすく書きなおした作品群(ラブクラフト ライト)が出版されています。(The Cthulhu Mysos Filesシリーズ)。
http://www.soudosha.jp/Cthulhu/index.html

このシリーズから出ている朝松健さんの「崑央の女王」もクトゥルフの小説としては非常におススメ。
http://www.soudosha.jp/Cthulhu/kunyan.html

また手っ取り早く、クトゥルフの雰囲気を味わいたいなら、小林泰三さんの「玩具修理者」(角川ホラー文庫)もおススメです。

roz********さん

2018/2/1013:48:48

栗本薫「魔界水滸伝」から入ったら?
古き者ども(クトゥルフ)と日本の妖怪たちの戦争です

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる