ここから本文です

飛行機の乗り継ぎ便のキャンセルについてです。

jdn********さん

2018/2/1411:49:30

飛行機の乗り継ぎ便のキャンセルについてです。

近々ハンガリーに行くのですが、帰りのフライトがブタペスト-ヘルシンキ-成田-中部の予定です。

成田-中部の乗り継ぎ時間が約9時間あり、電車を利用したほうが早く帰れるのでこの区間だけキャンセルしたいのですが、可能でしょうか?

また当日の場合でもキャンセルは可能でしょうか?

閲覧数:
114
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

win********さん

2018/2/1417:59:22

高額請求されるような脅しとも取れる回答もあるようですが、まあこういった場合の航空券の切り方は、成田発着の国際線区間に国内線の乗り継ぎ割引運賃をプラスしたような形がほとんどです。
まあ片道+片道で運賃が請求されるようなことは、まずありません。
実際に話とすれば、そのままノーショウでも問題は無いでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mus********さん

2018/2/1412:18:16

最後の区間ですので、キャンセルする必要もなく、ノーショーで乗らなければいいだけです。

厳密には、最後の区間まで乗らなければならず、s_linerさんが書かれているようなことも理屈上は起こり得ますが、実際に差額請求の事例を私は知りません。

私自身、業務の都合により、実績として、年に1-2回、旅程の最後をスキップしています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2018/2/1411:59:20

キャンセルすることはできますが、戻せる運賃がないどころか、航空会社から「正しい運賃との差額を」請求される可能性があります。
中部発着であることが理由で航空券が安価になっている場合、旅客都合により当該区間を放棄すると、中部発成田着の航空券となります。
航空会社の規定により、当初発券時に使っていた運賃規則に実態が合致しないこととなった場合は、実態に対応する運賃を適用し、その額が元よりも大きい場合は、航空会社はあなたに差額の支払いを請求することが出来ます。かつ、輸送契約は果たされているため、旅客は請求された場合、この支払いに応じないという選択肢はありません(応じないことは不法行為です)。
また、このようなケースで差額請求となる場合、最悪のケースでは普通運賃の片道同士を組み合わせることになるため、結果として差額が数十万円に達することも珍しくありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる