ここから本文です

SCM415 浸炭焼入れ内部の硬度 引張強度 焼入れ焼戻し後の浸炭層ではない内部の硬...

omu********さん

2018/2/1411:53:45

SCM415 浸炭焼入れ内部の硬度 引張強度
焼入れ焼戻し後の浸炭層ではない内部の硬度はどれぐらいになりますか?

大きさは角物10X20X50ぐらいのものですが
http://www.toishi.info/metal/calc.html
http://heattech.co.jp/katasa-03.html
ここのサイトを参考にすると
炭素量0.15%なら
だいたいHRC30以上はなりそうですがこの考えでも良いでしょうか?
http://www.forming.co.jp/database/pdf/koudo.pdf
またこの表からいくと引張強度はHRC30ぐらいのところで
100kgf/mm^2≒1000MPaはあると思ってもいいでしょうか?

閲覧数:
545
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sin********さん

2018/2/1417:22:06

質量効果があまり出ないサイズなので、いけると
思います。

http://www.tobu.or.jp/tmt/Rev_3.0/html3.03/scm415.htm#aug25_08.jpg
SCM415 内部
硬さ33.0 HRC
サイズと測定点が不明でも浸炭層より内部
なのは確か。
SCM420では詳しいデータがあるのですが、
焼入のみのSCM415は見つけにくい。

芯部の引張強度は1000MPaになるでしょうが、
浸炭の表面は引張では疲れ強さが弱いのでは。

  • 質問者

    omu********さん

    2018/2/1419:14:07

    回答ありがとうございます
    ちょっと疑問に思ったことなんですが
    今回はサイズ的に大丈夫とのことですが
    例えば100X100X100ぐらいのものは
    内部はほぼ生材のような感じでしょうか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる