ここから本文です

中1 国語 品質の見分け方について

アバター

ID非公開さん

2018/2/1418:36:51

中1 国語 品質の見分け方について

そのとき僕は、一度起きたことは、もう償いのできないものだという(①こと)を悟った。

この①の品詞名は答えを見ると名詞と書かれいてます。名詞は主語になるものらしいのですが、「こと」では主語になれませんよね?

よく分かりません
どなたか教えていただけませんか

補足タイトルに誤りがありました。
品詞の見分け方です。よろしくお願いします。

閲覧数:
90
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kn_********さん

2018/2/1420:56:24

名詞は主語になることができる品詞であって、どんな状況でも主語として使えるのではありません。

状況によっては「こと」を主語にできます。

(例)事が順調に進む。

ただし例文の「こと」は、「事(こと)」という本来の名詞の意味が薄れて補助的に使われています。
こういった名詞を「形式名詞」と言います。

「こと」「もの」「とき」「とおり」「ところ」など。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ara********さん

2018/2/1601:57:00

その文章の主語はではなんでしょうか。「僕は」です。述語は「悟った。」です。

ことは名詞ですが、既に文頭の「僕は」が主語ですから、この文章の主語にはならないのです。

なお大変失礼ながら品質の見分け方ではありません。品詞の見分け方です。単なる入力ミスだとは思いますが。

wat********さん

2018/2/1418:42:59

単独で主語になれない名詞を形式名詞と申します。

もの、こと、ところ、とき、等。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる