ここから本文です

多くのキリスト教徒は、イエスを許す装置に貶めてないか?

nam********さん

2018/2/1601:12:15

多くのキリスト教徒は、イエスを許す装置に貶めてないか?

ある質問の回答を見てびっくりしました。

>「ゆるくて良い」とイエス様自身がおっしゃってるのに(マタイ11:28-30)

11:28 すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。
11:29 わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。
11:30 わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。

「ゆるくて良い」と言っているか?
「疲れた人」「重荷を負っている人」が、仮に全人類のことだとしても、「あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。」と言っている。
「学びなさい。」は、ゆるくてもよいという言質ではないと思うが。

その人はプロテスタントみたいけど、教派の解釈の違いなのだろうか?
解釈の違いだとしても、あんまりにも堕落的だと思うのだが。

あと、よく「「ぶどう園の労働者」のたとえ」があるから、「キリスト教徒は努力しなくても良い!」的な意見を耳にするが、これは後からの信者に対して配慮したものだと考えるが。

「キリスト教徒は、努力しないくてよい!」的な、発想にはかなり違和感を感じるのだが・・・?
「神は全知全能だから、堕落した俺も救ってくださる!」的なものが、キリスト教で通用するとは思わないのだが。

閲覧数:
97
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dol********さん

2018/2/1611:34:12

また君か。
https://www.google.co.jp/search?q=%22%E8%A8%B1%E3%81%99%E8%A3%85%E7...

君は豊かで、今まで苦労したことが無いのだろう。「頑張る」「修業をする」だけの余裕と時間がある。で、人生の目標を掲げて、もっと人生を豊かにするんだと。それが宗教だと。

「ゆるくて良い」と言った人も同じ。それだけの余裕がある。この点で、その人と、君の発想とはまったく同じ。何の違いもない。君たちは裕福だ。おめでとう。

イエスはそういう裕福な人にではなく、頑張りたくても頑張れない、そんな余裕もない、今日食べるものさえなく、「ただ生きているだけで苦しみに耐えねばならない」、そんな人々のもとへ行った。

そうしてイエスは「お前たちは赦されている」と言った。何が赦されている? 生きることが赦されている。命を与える神が、「お前たちは生きよ」と言ってくれている。わずかな食べ物を分け合い、その日生きて会えたことを喜ぶ。そこにイエスが共にいて一緒に喜ぶ。失われた羊を見つけたからだ。

ただ「生きる」こと。それが人に与えられた試練であり、努力なのだと、君は考えたこともないだろう。君は裕福だからね。苦しみを知る人々が互いに「今日も君がいてくれてありがとう」と挨拶をかわすのを見たこともないし、見ようともしないのだろう。

君のいう「努力」なぞ、人々の日常の足許にも及ばん。だから、私は君のことを「甘ったれのお遊び」と言った。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

afo********さん

2018/2/1916:23:27

教会で免罪符を買って、金貨を箱に入れてチャリンと鳴った瞬間に
あなたの魂は救われるのです( by ローマ法王

dmq********さん

2018/2/1618:28:19

どんなに悪いことをしても悔い改めれば赦されて天国で永遠の命なんです。
懺悔すればイエスが全部、罪をかぶってくれて、赦され
天国で永遠の命なのですから、こんなにいいことありません。
「罪が赦されたのだから何をしてもいい」
「罪が赦されるのだから何をしてもいい」のです。
通常なら、罪の意識の直面に伴い、持ち合わせる筈の悔悟や逡巡を経て
成長するはずが、毎度毎度、イエスに神に悔い改めさえすれば罪が赦され
万事解決とする習慣・精神構造の中で生きてるので
永遠に人間的成長の機会を喪失するのです。
罪や過ちを神の名のもとに何でも正当化できるのがキリスト教です。
キリスト教が世界に広まったのは、この「都合の良さ」があるからです。
罪の赦しが、犯罪を正当化するのです。
だからイスラム国なんかでも、虐殺・誘拐・テロを
神の名で正当化してます。熱心なイスラム教やキリスト教の国が
治安が悪く犯罪を止めない理由の根源は、神による罪の赦しなのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

joy********さん

2018/2/1614:42:19

その通りです。神に懸命に従う人だけが許されます。

こんにちは

聖書研究者です。聖書の本当の内要を書きますね

まず、愛の神は人間を造られた時にエデンの園に住まわせました。そして完全な命、つまり健康に平和に永遠に地上で生きられるようにされました。でも一つ条件がありました。善悪の知識の木の実を食べてはならないというものです(創世記2:15-17)「善悪の知識の木の実」はその名前のとおり、善悪を判断すること、善悪の基準を決める権利を表していました。

もし善悪を決める権利を有する神様の命令に反逆し、神から独立して自分たちで善悪を決めるようになるなら、人間は永遠に生きる権利を失うことを神は人間にはっきり述べておられました。

でも、人間アダムとエバは、神のようになりたい=自分たちで善悪を決めたい=神には従いたくない という判断をして、その木の実を食べました(創世記3:5,6) このようにして彼らは神から独立したため、自分たちで善悪を決めるようになりました。でも同時に、永遠の命を失いました(創世記3:17-19)
これが、人類の苦しみの始まりです。
神から独立したので、地球の管理、子孫たちの管理をすべて自分たちの知能だけで行わなくてはならなくなりました。神の指導は捨てたわけです。
それで、今に至るまで人類は必死に世界を管理してきましたが その結果、戦争、不平等、飢餓、犯罪、家族の破局などをもたらしました。

例えると、人間は神という父親のもとから家出して、自分たちのしたいように生きはじめた子供のようです。その子は知恵がないまま家出したので、大変な苦しい人生を送っているわけです。でもそれを見て一番苦しいのは父親です。神は愛する我が子が苦しい思いをしています。


ここからが大切なのですが、神は子供である人類を愛しておられます。それで、アダムの子孫である私たちには人生をやり直して欲しいと願っておられ、実際にそのチャンスを与えてくださると聖書を通して何度も約束しておられます。つまり、ご自分のもとに戻ってくるように人類に呼び掛けておられるということです。

例えば 詩編37章9-11,29-34では、悪ではなく神のおきてに従う人は地上で永遠に生きると約束されています。箴言2章21,22でも同じです。詩編72編7,8,12-14,16などでは、神が地球を治める時の光景が預言されています。今貧しい人や苦しんでいる人はその時救われて満ち足りた生活を送ります。ヨハネの黙示録21章3,4では人類が神のもとに帰るとき、死も苦しみもなくなると約束されています。使徒24章15によると、これまでに死んだたくさんの人(善人もいわゆる悪人も)地上に復活(再創造)させられ、正しい教育を受け、人生をやり直せます。その時全世界の人は神の教育を受けますので、愛と平和がもたらされます(イザヤ11章9)

神に従う人は永遠に地球で生きます。


実際、神はその時を定めておられると聖書は述べています。
それで、神の定めたその時までは、神から家出状態にある人類は、自分たちで地球と人類を管理しなくてはなりません。そのため苦しみを経験します。



ではなぜ、神は一定期間、人間の家出状態を許しておられるのか、、、これが核心ですね

その理由は 歴代第二12章8に書いてあります。こうあります

「彼らが、わたし(神)に仕えることと、地の諸王国に仕えることとの違いを知るためである」

つまり、神から独立する結果=人間の政府による支配の結果を人類が知るためである ということです。

もし神のおきて(人を愛すること、親切にすること、人を殺してはいけないこと、親を敬うこと、不倫はしてはいけない など…)に人類すべてが従っていたなら、世界はきっと素晴らしかったはずです。
でも、そのおきてを捨てて自分たちで善悪を判断するようになった結果はどうでしょうか。
世界も社会も家庭も混沌としています。

このような結果を人類がはっきり知るなら、人類は、やはり神の指導が必要であることを認めざるを得なくなります。人類の家出を徹底的にさせることにより、父親の必要性をみんなが認めることができるようになります。そして、2度と家出したいとは思わなくなりますね。

そのために神は、ご自分も苦しいのですが、人類の苦しみを耐えておられるということです。
そして、人類が戻ってきたなら、彼らに幸福な人生を与えてくれます。2度と神への反逆は起こりません。それが上に書いたような生活です。


以上が、聖書の概要です。

結論:神は苦しみを放置しているのではなく、人類の自治の結果を人類自身に分からせるために、一定期間忍んでおられる。人類が神のもとに戻ってきた時には、神に従うすべての人間に新たな素晴らしい人生(健康、平和、永遠の命)を与える計画をお持ちである。そのためにイエスを地に遣わされた。本当に神に従う人だけが永遠の命を得る


この二つの動画が簡単に説明しています
https://www.jw.org/ja/%E5%87%BA%E7%89%88%E7%89%A9/%E3%83%93%E3%83%8...

https://www.jw.org/ja/%E5%87%BA%E7%89%88%E7%89%A9/%E3%83%93%E3%83%8...


私はこの人類の回復を皆さんにお伝えするために
尽力しております。私のマイ知恵袋の「質問」でも分かりやすく説明しておりますのでご覧ください

ぜひあなた様も正しく聖書を学んでください
人間の苦しみの意味、人類の将来、人間の生きる意味を知ることができます
(^-^)

twx********さん

2018/2/1609:56:26

ゆるくて良いと言っている訳ではありませんよ。
その聖句の述べている通り「疲れた人」「重荷を追っている人」と言う段階を体験した人でないとイエス▪キリストの所に来られないと言うことを意味しているのです。
キリストのところに来ると言うことは、聖霊によって神から教わると言うことですので、少なくとも聖霊を宿せる条件を満たさなければならないのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

a15********さん

2018/2/1609:24:09

ルターの堕落意思論を読め。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる