ここから本文です

ティップラン用のエギへのナス型オモリの装着方法を教えてもらいたいです。 テ...

ddf********さん

2018/2/2521:55:28

ティップラン用のエギへのナス型オモリの装着方法を教えてもらいたいです。

ティップラン用にダイワのエメラルダス ボートⅡ RV 30gというエギを購入しました。これにどうやってナス型のオモリをつければいいのかで迷

っています。

実はまだティップランはしたことはないのですが、いつも行く海で行う予定であり、そこでタイラバをした場合は100gの重さのものを使っても底が取れないことがあります。その経験から、タイラバとは条件が違うとは思いますが、念のため100gまでは対応できるようにしておきたいと思っています。
エメラルダス ボートⅡ RV 30gの専用の仮面シンカーは最大40gまでであり、100gにするにはナス型のオモリを装着しなければいけません。ところが装着できるような所は頭部の上側にあるアイぐらいで、これにスナップをつけて装着するのはバランスが悪いような気がして不安です。
シンカーの部分に追加のオモリをつける穴が開いているエギであればそこにつければバランスは問題ないと思うのですが、エメラルダス ボートⅡ RV 30gにはそういう穴はありません。

皆さんはどうやってナス型のオモリを装着しているのか教えて頂きたいと思います。よろしくお願いします。

閲覧数:
485
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aki********さん

2018/2/2608:36:12

墨族BBのソックリ餌木のことですかね。

無加工でナス型を装着する場合は、ヘッドアイへスナップで装着ですよ。
一見、バランス不良で釣りにならないように見えますけど、意外と釣れてました。
尚、それで釣ってた頃から4年程は経過しているので、現在の釣果に対しての影響までは分からないです。
使用における注意点は通常よりも「静止」に神経を使います。
気抜いていると、ナス型が暴れて静止安定までにタイムラグが大きく生じます。
場合によっては、一瞬の間を置いて「アタリのタイミング」でナス型がエギに干渉したり、重みが乗ってきてアタリと錯覚する場合があると思います。
跳ねさせず、「すっ」と止めたいところで置いてくるような感じでのロッドワークを船の流れ方や潮流に合わせる必要があります。



私はダートマックスを使っていますが、装着可能なシンカーが希少だった頃は、アイへスナップで装着してました。
当時はそれでも意外と普通に釣れてました。
最近は色んなシンカーが出始めて、入手に苦労する事がなくなったのでナス型を使う事もなくなり、ラインも水切れが良いラインを使っているので、以前なら80g以上が必須だったのが、近年では60g-80g程度までで攻めれる感じになっています。


ちなみに、どうしても上手くいかない場合は、お助けリグの下のエギをTGベイトにしてやると「スコーン」と沈降していきます。100gが必要な海域なら60-80gがあればTR自体を成立させる事は可能になると思います。(本来はヴァーチカル状態の時に使う方法です)
気になるようでしたら、「FPリグ」で検索すればラグゼの永田君の記事が出てきますよ。

本来は潮流が早い時はお勧めしない方法ですけど、どうしようもない時の一手として覚えておいても良いと思います。
ただ、TGベイトだと魚が時々アタックしてくるんで、その点はご了承を。
フックを付けると魚も掛かりますけど、根掛かりもします。
なので、あくまで「錘」としてフック無しで使用すれば、基本的に根掛かり確率激低です。




タイラバとTRでは使用するラインの抵抗が大きく異なります。
単純に半分以下の太さです。(ラインの銘柄にもよります)
このラインの抵抗はバカになりません。
8本撚り以上の高密編みで水切れの良いラインがお勧めです。
それなりに価格は高いですが、TRはタックルによる釣果の差も出やすい釣法なのでラインも非常に大事ですよ。

  • 質問者

    ddf********さん

    2018/2/2722:06:23

    教えて頂いてありがとうございます。

    ヘッドアイへの装着で問題ないのですね。今週末行くのでそれで試してみます。
    また、ラインの抵抗の話は非常に参考になりました。ティップラン用の細いものでしたら抵抗も少なくなり、軽い重りでも底が取れるということですね。おススメのPEラインも使用すると、ナス型を使用しなくてもいい状況が作れるかもしれません。PEラインも試してみます。
    ありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/2/27 22:07:42

皆さんありがとうございました。勉強になりました。

PEラインの話が参考になり、そもそもナス型に頼らなくてもいいのではという気づきも得たakira_n1117さんにベストアンサーつけさせてもらいます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hkp********さん

2018/2/2600:31:54

ナス型錘を付けるとちゃんとした動きをしなくなると思うのですが、その辺は大丈夫なのですか?

用意されて無いと言う事は、一般的に要らないという事なのですが、必要だと誰かに言われたのですか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

tab********さん

2018/2/2522:38:48

シンカーに穴が無いですか?その場合、電動ドリルで穴を開けてしまえばよいですよ。シンカーの前部に2~3ミリのドリルで穴を開けてしまいましょう。
そこにスナップでナス型オモリを付けるか、スナップが合わない場合は、釣糸の5号~6号位で結束して吊るすとか、すれば大丈夫です。

このタイプのエギじゃないのですかね。

シンカーに穴が無いですか?その場合、電動ドリルで穴を開けてしまえばよいですよ。シンカーの前部に2~3ミリのドリルで...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

wrj********さん

2018/2/2522:08:57

普通の餌木のスナップにスイベルでナス型オモリ…

沖縄のディギングを参考にしたら良いと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる