ここから本文です

スーパー戦隊シリーズ第12作『超獣戦隊ライブマン』放映30周年です。 ライブマン...

tpk********さん

2018/2/2714:15:22

スーパー戦隊シリーズ第12作『超獣戦隊ライブマン』放映30周年です。
ライブマンはなぜわざわざ途中で3人から5人に増えるという変わった
作りになっているんですか?

追加メンバーの色が黒と緑なのは放映した年のオリンピックを意識した
ものでしょうか?

超獣戦隊ライブマン,オリンピック,スーパー戦隊,ライブマン,わざわざ途中,追加メンバー,ジャッカー

閲覧数:
121
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gts********さん

2018/2/2717:12:39

ライブマンは放送当時、「スーパー戦隊10周年」という位置付けでした。(ゴレンジャーとジャッカーがカウントされていなかったため)その記念の年に変わったことをやろうとしたのがメンバー増員とロボ同士の合体です。
この企画は放送開始から決まっていたものではなく、1号ロボのライブロボのおもちゃは合体を前提して設計されていなかったので、ライブボクサーとの合体ギミックの設計は困難を極めたそうです。さらに、ブラックバイソンに変身する矢野鉄也は1話で殺された卓二の弟という設定ですが、第5話で既に卓二の弟を名乗る武志が登場していますが、その際に武志の兄であるはずの鉄也の存在は全く明言されていませんでした。なので、放送中に決まった番組パワーアップ策だったのです。
色については、メイン視聴者の男の子受けするように、増員メンバーは男性のみになったと思います。あの当時では男性の色として残っていたのは黒と緑だけだったのです。青は女性で使われていたので。オリンピックを意識しているという記録はありません。

質問した人からのコメント

2018/2/27 17:20:07

詳しく教えて頂きありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる