ここから本文です

就業規則に記載されている労働時間以上、働いた場合、全て時間外労働として賃金を...

アバター

ID非公開さん

2018/3/312:09:37

就業規則に記載されている労働時間以上、働いた場合、全て時間外労働として賃金を請求出来るのでしょうか❓

閲覧数:
40
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kol********さん

2018/3/314:24:23

原則はそのとおりです。

例外として、
①既出回答のとおり代休等によっての相殺が行われる場合。
②会社が無条件での時間外労働禁止命令を出しているにもかかわらず、それを無視して労働した場合。
③それが数分程度であり、月分をまとめたときに30分に満たなかったため四捨五入による切り捨て処理とされた場合。
などが考えられます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

hiroriboxさん

2018/3/1009:48:50

もしその労働時間以上の労働が「会社の業務命令」で行われているなら、すべて時間外労働で計算して下さい。

もし代休などがあって相殺する事項があれば、それは会社側が考えて説明すべき問題ですから。

par********さん

2018/3/314:55:55

出来ません。

時間外労働は36協定を結ばなくては違法行為になります。
結ばれていても現行では月間45時間以内です。
又命令のない労働は単なる居残りに数えられます。
労働時間は上司の命令で就業します。

kur********さん

2018/3/313:19:47

微妙❗️

代休制度。
残業代込みの給料。
いろいろな罠が有る。

面倒なら、速攻で転職して基本給アップ❗️が確実。

小泉不況で所得半減??
個人破産が爆増した時期が有ったらしい?
証拠は、所得規制の借金制度が出来た。

昨年も所得半減が進行したので、融資規制が有った。

所得の高い仕事転職しないと、貧民転落する国。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる