ここから本文です

有明の月は辞書では16日以降と書いてあったのですが、授業では20日以降と言われま...

アバター

ID非公開さん

2018/3/420:16:13

有明の月は辞書では16日以降と書いてあったのですが、授業では20日以降と言われました

どちらが正しいのですか?
古文

閲覧数:
60
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fca********さん

2018/3/516:57:14

20日以降と考えるのは、
朝、明るい時間に西に見えることを重視しており、文字通りの有明。

16日以降と考えるのは、居待ち月というように、
上るのが遅い月をまだ空が暗いうちに鑑賞した場合に、
この月は、朝になっても残る予定の月だ、という観点で有明といいます。
どちらも正しい。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

edo********さん

2018/3/420:29:13

陰暦の二十日過ぎに、月が空にかかったままで夜が明けることを「有明け」と言い、またその頃の月を「有明の月」と言います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yus********さん

2018/3/420:19:57

陰暦16日以後です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる