ここから本文です

現在は、「放送あれば、スペシャル番組扱いの不定期でしか、放送されない番組」と...

プロフィール画像

カテゴリマスター

shj********さん

2018/3/514:33:58

現在は、「放送あれば、スペシャル番組扱いの不定期でしか、放送されない番組」となる、テレビ東京系列の2時間ドラマ「水曜ミステリー9」によるシリーズドラマ、「神楽坂署生活安全課」シリー

ズ。


「スタートから、比較的直後に登場した、このシーンあるのは、何回目に放送された、何と言う題名の回か?」から、質問したいと、思います。


問題のシーン、主な内容としては…?

「舘ひろしさんとモト冬樹さん扮する、主人公(以降、舘さんとモトさん扮する主人公)の刑事達、警視庁の神楽坂警察署の生活安全課で捜査してた、ある事件の関係者が、自宅で殺されてるのが、その生活安全課の刑事が、情報収集メインの事情聴取するのに、訪ねたら発見した。
神楽坂警察署では、問題の殺人事件は結局、刑事課が担当となったが、刑事課と生活安全課は元々仲が悪くて、刑事課側の担当の刑事は、生活安全課側に対して、「お宅の課の刑事が、第一発見者だからで、ウチの捜査に、口を出すな」的な内容で、文句を言った。

これを見た、清水章吾さん扮する、生活安全課長(以降、清水さん扮する生活安全課長)は嘆いたが、「最終的には、本庁の捜査一課も捜査するのは、間違い無い」と、判断して、本庁の捜査一課に連絡して、同期の警官である捜査一課長に依頼して、ある一個班を派遣して貰ったが、その一個班の班長は、ガッツ石松さん扮する、捜査一課のベテラン刑事で、「舘さんとモトさん扮する、主人公の刑事の達の捜査方針は、一番に理解してる刑事」だったので、何とか刑事課と生活安全課が、ケンカしない様に押さえた」的な内容だったと、思います。


そこで、「本放送日は、分かればで良いので…?」により、質問したいのは…?

「問題のシーンが入ってるのは、何回目に放送された、何と言う題名の回であるか?
又、番組の名物、「スタート時による、生活安全課の仕事を、視聴者に理解して貰う、シリーズによる」シーンで言えば、「架空請求詐欺の一味を、舘さんとモトさん扮する主人公が、女性の部下の刑事1人を連れて、逮捕状と捜索差押え令状に基づいて、摘発し逮捕した」回又は、その前後の回と記憶にあるが、間違い無いか?」に、なります。

閲覧数:
50
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nyw********さん

2018/3/1013:09:30

2005年5月放送の第1作ではないでしょうか。ウイキだと同作にはガッツ石松さん1作だけの出演のようですので。

  • 質問者

    shj********さん

    2018/3/1112:14:53

    回答ありがとうございます!
    「何回目に、本放送されたかが、分かっただけでも、良かった」と、思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/3/11 12:15:42

勉強になりました。
又、質問した時は、よろしくお願い致します…。

「清水章吾」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる