ここから本文です

遺言書の検認手続きについて相談します。 つい最近、「封がされていない遺言書...

ur8********さん

2018/3/800:47:23

遺言書の検認手続きについて相談します。

つい最近、「封がされていない遺言書の有効性について、教えてください。」というタイトルで質問させていただいた者です。

質問は、≪相続についての一回目の話し合いで、生前にAが故人から預かっていた遺言書を見せたところ、相続人Bの代理人であるT弁護士から「封がされていないから、この遺言書は無効だ。」と言われたのですが、本当にそうなんですか。≫ と言った内容でした。
いろいろな方からご回答をいただき、「封がされていないからといって、遺言書が無効になるわけではないこと」や「遺言書の検認手続きが必要なこと」などを教わりました。

そこで今回、遺言書の検認手続きに必要な書類を準備しようと思い、いくつかの役所を回って遺言者の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本を集めました。あと、相続人全員の戸籍謄本も必要なので相続人Bにお願いしたところ、弁護士に言ってください、との返事でしたので、電話でT弁護士にお願いしました。

T弁護士の返事は、「話し合いで円満に決めようとしているこの時期に遺言書の検認手続きは必要がない。戸籍謄本は今は出せない。」「もし遺言書の内容に沿って、Bを相続人から外すようなことがあれば、裁判の覚悟はできているのですね。この場合は、検認日にあなた方が聞きたくないことも言わなくてはいけなくなりますよ。」でした。

こちら側から、法定相続分に沿って円満に解決したいと伝えているのに、遺言書の検認手続きに関して、このような弁護士からのストップがかかるとは思ってもいませんでした。
今後、どうすればいいのか、みなさんからのアドバイスをお願いします。

閲覧数:
3,758
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pfl********さん

2018/3/811:09:52

法律では、遺言を預かっている者や遺言を発見した者は遅滞なく検認を受けなればならないとなっているので、「検認は不要」という弁護士の方が法に反している発言をしていることになるのですがね。

検認を受けたうえで、相続人や受遺者、遺言執行者など全員の同意のうえで遺言と異なる遺産分割をすることは可能です。

=======================
(遺言書の検認)
第1004条
遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない。遺言書の保管者がない場合において、相続人が遺言書を発見した後も、同様とする。
第2項 前項の規定は、公正証書による遺言については、適用しない。
第3項 封印のある遺言書は、家庭裁判所において相続人又はその代理人の立会いがなければ、開封することができない。
=======================

  • 質問者

    ur8********さん

    2018/3/812:16:23

    ご回答、ありがとうございます。
    弁護士ですから、pflanzen_pfirsich_2さんから示されたことは承知の上でやっている、確信犯だと思います。
    今回のもめごとの原因は「弁護士が有効なものを無効と嘘を言ったこと」「遅滞なく行うべきものを弁護士がストップしたこと」です。 法を守るべき弁護士が、法に反するような行為をしているわけです。これを改めれば済む話です。上記のような弁護士の行為で、親族間のいがみ合いが生じたとしたら、これほど不幸なことはありません。
    何かよい解決法・第三の道がないものでしょうか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

koz********さん

2018/3/818:49:42

弁護士を雇う。
T弁護士の所属する弁護士会にT弁護士から脅迫されたと懲戒を申し立てる。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

na_********さん

2018/3/809:07:38

検認のために裁判所に提出するという正当な理由がありますので、相続人Bの戸籍も、質問者さん(ともに相続人ですよね?)自身で、取ることができます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nek********さん

編集あり2018/3/808:28:39

その弁護士はあなたが雇っているものではないので、弁護士に対抗したいなら、あなたが弁護士を立てるべきだと思います。

すでに円滑でも円満でもなくなっており、紛争状態だと思います。

また、相手方の弁護士が取得した戸籍などは、相手方の費用で取得しています。
自分たちの都合で必要ならば、自分達で入手する必要があると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

pot********さん

2018/3/802:49:50

費用的に安く、かつ簡単に済みそうなのは、「司法書士に遺言書の検認申立書作成」を依頼することです。

司法書士に依頼すれば、必要な戸籍を取得してくれます。

費用は5万円程度みれば十分でしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる