ここから本文です

義父が地主と借地の契約を取り交わしており(契約書有)、現在、地代として、年間7...

tak********さん

2008/8/2805:27:42

義父が地主と借地の契約を取り交わしており(契約書有)、現在、地代として、年間70万円の賃料を払っているのですが、地主が払っている固定資産税は約22万円(固定資産公課証明書)と差額が大きく、減額して欲しいの

です。交渉材料としては、周辺の賃料でしょうか?そして、どのぐらい減額交渉が出来るのか教えて欲しいです。また、減額がだめなら、買取の交渉もしたいのですが、その場合、国税庁のホームページに掲載されている内容から、固定資産評価額×1.1(倍率)×30%(借地権割合)=借地額なので、残りの70%の金額という考え方でいいのでしょうか?よろしく御願い致します。

補足借地は3筆で合計854㎡です。税額22万円は都市計画税込の金額です。よろしくお願いします。

閲覧数:
766
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

der********さん

2008/8/2807:12:09

「差額が大きい」とのご発言が理解できません。
借地契約について、ご理解されておられますか?
レンタルビデオ店も、原価以上の売上金を得なければ、商売が成り立ちません。
固定資産税は、土地所有者に課される税です。借地による収益とは、何ら関係ありません。
周囲の借地料と比較し、著しく高いなら、それらを文書の証拠にして、地主さんと交渉するしかありません。

しかし、坪数が記載されていませんが、年間70万という事は、月6万円以下だと思いますが、固定資産税のみで、年間22万円の税がかかるのであれば、都市計画税も5万円前後かかっていると思います。特に不当な金額とは思えません。

次に買取ですが、地主にその気持ちが無ければ、不可能です。
往々にして、借地を持つ地主は、戦後等に、かなりの安値で貸借した人物が多く、高度成長期・バブル期にも地代の値上げを行わなかった、・行えなかった人が多いのですが、大概にして、早く出て行って欲しいと思っている人が経験上大半です。
金銭的な理由で売りたいと思っている人間もいますので、その場合は儲け物です。

ですが、買取価格は、ご質問のような計算にはなりません。今までの支払った金員は、賃借料であって、購入価格の前払いや、ローンの支払いではありません。これが減額分としての、差額になる事はありません。
また、「長く借りていてくれたから」と、破格値を言い出す物好きは、見たことがありません。地主さんの「言い値」から、交渉するしかありません。
購入と、賃借は、全く違う物だとご理解下さい。

質問した人からのコメント

2008/8/30 20:52:58

有難うございました。 大変参考になりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる