ここから本文です

建築で水平方向や奥行き方向が強調されるといった表現がありますが、ちょっとよく...

pan********さん

2018/3/1315:05:42

建築で水平方向や奥行き方向が強調されるといった表現がありますが、ちょっとよく分かりません。一体どういう造りによってどういう理由からそのような表現がなされるのですか?

閲覧数:
15
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

vq3********さん

2018/3/1317:02:09

奥行きに関しては庭造りでよくやる手法ですが、例えば手前に大きな石、奥に小さな石を置けば遠近感が出ます。
奥行きを強調すると実際よりも空間を広く感じさせることができます。

水平を強調するというので有名なのはフランク・ロイド・ライトのロビー邸でしょうか。
ライトはアメリカの建築家ですが、水平ライン(軒先のライン)を強調した住宅を数多く手がけています。
これはアメリカが広大な平原であることから着想を得ているといわれ、プレーリースタイル(草原様式)と呼ばれています。
アメリカらしさの追求だったり、アメリカの景色に馴染ませるための工夫ですね。

また、水平ラインを強調することで高さに対する印象を抑えようとしたり(平たく見える、低く見せる)、デザイン上のまとまりを持たせたり(凸凹した屋根の1段下に水平な庇を設けるとそちらに目が行きやすく、結果的に凸凹な屋根が印象に残りにくい等)、シャープな印象をもたせたり、といったような効果が狙えます。

建築のデザインでは、このような心理的な錯視効果を利用して、意図的にイメージを操作することがあります。

質問した人からのコメント

2018/3/19 11:47:48

回答ありがとうございます。参考になりました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる