ここから本文です

米国と欧州のポピュリズムの台頭とポピュリズムの台頭の背景について質問です。

国家五芒星十字党さん

2018/3/1421:14:13

米国と欧州のポピュリズムの台頭とポピュリズムの台頭の背景について質問です。

米国では、ドナルド・トランプが次期大統領となり、英国はEU離脱が支持され、フランスやドイツ、スペイン、イタリアでも反EU、EU離脱を唱える政党も躍進している。
そのため、自国の利益第一主義という「ファースト主義」や「反グローバル主義」が台頭しているが、ここで質問です。
「ファースト主義」や「反グローバル主義」が台頭している背景には、貧富の格差や失業の増加、難民や移民の増加による犯罪の増加、そして、これらの現状を解決しようとしない既存の政治家やエリート官僚への反発や憎悪が、そして、大資本家の言いなりとなった既存の民主政治が招いた結果なのでしょうか?

ポピュリズム,反グローバル主義,ファースト主義,台頭,EU離脱,国民,政府

閲覧数:
63
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/3/1421:15:01

国家や政府が国民の不満を良い意味で抑えきれない程、弱体化したのではないかと思います。
生活に対する不満、既存政治に対する不安、そんなものは人間いくらでも抱えて生きております、それを少しづつ改善したり抑えたりして国民をまとめ守るのが国家であり政府です、それが破綻しつつあり一部の国民感情に押し流されているだけなのでは、、、と思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる