ここから本文です

落城寸前のお城って、兵糧とかおカネは持ち逃げするのですか?

dyw********さん

2018/3/2115:35:47

落城寸前のお城って、兵糧とかおカネは持ち逃げするのですか?

相手方の大軍がお城をずっと取り巻いて幾重にも包囲している場合と、急に滅んだ場合とでも事情が違うのでしょうか。
武田氏の新府城などは、兵糧とかおカネもなかったのでしょうか。
新府城の場合は勝頼方が、火をかけた形跡(燃えカス?)が残っているようです。
誰かしらが持ち逃げするのでしょうか。

自民党が下野寸前に官房機密費を持ち逃げした話がありましたが、落城寸前のお城を思い出しました。

閲覧数:
101
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yaz********さん

2018/3/2600:35:02

武田信玄の七男の武田信清は、甲州征伐の際に、異母姉の嫁ぎ先の越後上杉氏に寄寓している。逃げ切れば、受け入れてもらえますからね。

七男は米沢武田家の祖。


たぶん、ある程度の食糧と金は持ちだしていたんじゃないでしょうかね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ryo********さん

2018/3/2408:48:55

太平洋戦の最期、何でもありだったよ。
父の戦友、零戦貰ってきたよ。で、実家へ還ってきたんだが、途中から米戦闘機が付いてきた。着陸後燃やしたそうです。
三菱にいた方は、ロケット、ジェット機のエンジンの設計図極秘で預かってたよ、昭和23年頃焼去の命令が来るまで金が送られてきた(敗戦で解雇されてましたが)
満州から百式司偵で連続十往復以上して何かを運んだ。何処へ運び込んだのか不明、操縦士が書き残してる。
、日本刀山積みされて海中投棄の際、米軍兵士、良い奴を抜き取ってたとか?

bir********さん

2018/3/2407:49:11

秀吉の鳥取城への兵糧攻め戦法が成功した一因に
本来、鳥取城は山名豊国が城主で秀吉に味方の
宣誓したのに山名の家臣ら、が毛利方に寝返り
山名を追い出して鳥取城は籠城を始めたのだが
山名は城から出ていくときに城内の兵糧を
持ち出していき吉川経国が城代として鳥取城に
入り確認したら兵糧が少なくて驚いた、という
裏話が、あったそうです。

川崎さん

編集あり2018/3/2409:35:59

逃げる場合は、逃げたあとも食べなければなりませんので、遅くなりすぎない程度に持てるだけ持ったものと思います。

新府城の場合、焼けた米が出土していますので、持ち出しきれない物資は、城と共に焼かれたものと思われます。

『甲乱記』には、物資や女を運ぶための馬300と人足500人を集めようとしましたが、夫人の輿の担ぎ手すら集まらなかったとされます。
この馬300と人500が運べたであろう物資は、そのまま新府城と共に焼かれたと思われます。

当時の慣例としては、城から落ちのびる際には火をかけるようです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる