ここから本文です

民法が得意な方に質問です。なんで149条で示されていますが裁判上の請求をすれば時...

fac********さん

2018/3/2415:58:50

民法が得意な方に質問です。なんで149条で示されていますが裁判上の請求をすれば時効は停止ではなく中断するのですか?覚えるしかないですか?

閲覧数:
31
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hou********さん

2018/3/2421:06:32

>民法が得意な方に質問です。

サラリーマンしながら、3年前に行政書士試験に合格した者です。

>時効は停止ではなく中断するのですか?


(2)「時効の停止」は、あくまで例外的な制度です。
原則は(1)「時効の中断」です。

定義をしっかり覚えましょう。

(1)「時効の中断」とは、時効期間を断ち切って振り出しに戻すことを言います。
中断が認められると、またその時点から改めて必要な時効期間の進行が始まります。

(2)「時効の停止」とは、
①権利者の権利行使が不可能または著しく困難である「一定の事情」があり、
②「時効の中断」が出来ない時に
③「その期間」だけ時効期間に参入しない、あくまで例外的な制度です。

例えば、時効完成間際になって、大地震が起きて、裁判所に行くことが出来ないような場合に、そのような「障害」がなくなってから、2週間は時効は完成しません。(民法161条)

(2)「時効の停止」が(1)「時効の中断」との決定的な違いは、時効の完成が延期されるだけであり、振出しには戻らない点です。

例えば、東日本大震災や、阪神大震災で「時効の中断」が出来ない場合に、例外的に「時効の停止」が認められるものです。したがって、「時効の停止」が問題になることはあまりありません。

「時効の停止」の条文、民法161条を読み込んで下さい。
「時効の中断」が出来ない時のあくまで例外的な制度であることがわかります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる