ここから本文です

アウシュヴィッツ収容経験者である精神科医フランクル氏の「夜と霧」を読んで色々...

out********さん

2018/3/2616:39:08

アウシュヴィッツ収容経験者である精神科医フランクル氏の「夜と霧」を読んで色々考えさせられたのですが、その中で

「粗野な人々よりも、もともと精神的な生活をいとなんでいた感受性の強い人々が、その繊細さとはうらはらに困難な収容所生活に苦しみながらも精神にそれほどダメージを受けずによく耐えた(要約)」
とありますが、「精神的な生活をしている人たち」というのは具体的にどういう人たちなのでしょう。
粗野の反対の性格として何となく思い浮かぶのは
”多くを求めず質素な中に幸福を感じられる人”だと思うのですがあってますか?
また繊細というと”人付き合いが苦手で鬱になりやすい人”と思ってしまいます(まさに自分)。
もしこの本読まれたことある方とか、精神的な生活が分かる方の意見が聞いてみたいです。

閲覧数:
51
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

car********さん

2018/3/2616:52:30

精神的な生活をいとなんできた.....物質的な生活を拒絶してきた、とも受け止められます。金銭欲、物欲がなく、理想や理念を重んじている生活者を想像させますね。

質問した人からのコメント

2018/3/29 10:50:24

みなさん意見ありがとうございました。
なかなか今の日本人ではイメージしづらい生活のような気がします。
ただ極限の状況で生活したときにその人の凄みや本性が出ることは間違いなさそうです。ですがこのままだと今後日本が迎える状況も過酷になるかもしれませんね

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

imo********さん

2018/3/2620:17:35

あなたは自身を中心に考えているから
そう考えるのではないでしょうか?

繊細さを自分以外の人に向ければ
どうですか?

今あるものに感謝して、幸せを感じている精神なのでは
ないでしょうか。

また、同じ本を学生時代に読みましたが
イメージは貧困に耐え、勉学に励み
持たないことを嘆かず、
今あるものに感謝してい生きる。

こんな感じでしょうか。

今がチャンスでしょうから
旧約聖書などを読破してみては如何ですか。

それから「精神的な生活をしている人たち」を
自分なりにイメージすることが大切だと思います。

人に聞いて納得するだけではなく、
今回のような事をチャンスにして
旧約聖書に目を通す・・・・
これぞ「精神的な生活をしている人たち」なのでは。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる