ここから本文です

知恵袋で喫煙者、非喫煙者の間の対立を煽っているのは、禁煙外来の開業医なのです...

udo********さん

2008/8/3109:44:47

知恵袋で喫煙者、非喫煙者の間の対立を煽っているのは、禁煙外来の開業医なのですか?医者がなんのためにそのようなことをするのですか?

(コイン500枚です)

マナ-カテでは今日も喫煙者への罵詈雑言が絶えませんが,当カテに粘着する医師である人物が『喫煙者は精神疾患だ』と回答しているのにはさすが怒りを感じました。本物の精神疾患の患者さんに対する差別だからです。医師を特定できれば、NPO法人禁煙学会と精神医学会に公開質問状を送りたいぐらいです。

では、彼らはなぜこんなになりふりかまわず喫煙者、非喫煙者の対立を煽る工作をするのですか。たばこが1000円になったら、禁煙希望者がどっと禁煙外来におしかけて、金満開業医はうはうはだからじゃないんですか?禁煙とメタボリは、彼らのつくったビジネスチャンスじゃないんですか?

補足namahamuhamahamuさん 貴重な情報ありがとうございます。しかしご本人が専門医を自称する以上、ご自分で訂正なされない限り、知恵袋上では医師とみなすのが善意の原則でしょう。そのための履歴の開示です。本物の医師にとっては迷惑かもしれませんが、それは質問者のあずかり知らぬところです。
gakakoiriw4827さん URL資料をご提示くださり感謝します。質問に関する回答はみなさんご自由にどうぞ。

閲覧数:
2,095
回答数:
12
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

drt********さん

編集あり2008/9/208:42:05

私のことかな?

喫煙者、非喫煙者の対立を煽る?
違いますよ。喫煙者とタバコの決別を推奨しているのです。非喫煙者と喫煙者を対立させる必要なんてありません。それは私のほかの回答をごらんいただければ理解できることだと思います。

我々の手に掛かればタバコはやめられますよ、簡単に。
精神疾患ですから、精神疾患としての治療をすればいい。日本では保険適応がありませんのでそういう使い方ができませんが、一部の抗鬱薬には禁煙の効果が示されています。世界で最も有名なのは日本では未認可のブプロピオンです。さらにこれに別の抗鬱薬をあわせると、チャンピックスよりも効果があるというデータすらあります。ニコチン自体が中枢神経作動薬ですからね。

それに貴方こそ「本物の精神疾患の患者さんに対する差別」していませんか?精神疾患はそのほとんどが「適切な治療をすることにより完治する」のですよ、ニコチン依存症が適切な治療をすることにより完治するのと同じです。

それに、残念ながら(?)禁煙治療の保険点数は(厚生労働省が禁煙を推奨したくないからでしょう)手間がかかる割にはひどく安いので、やればやるほど赤字になります。金満開業医からすれば(残念ながら私は雇われ医師です。namahamuhamahamuさんのおっしゃるとおり、タバコ病訴訟の原告(まだ一審ですから上告ではありません)を手伝っていますが禁煙支援の専門医としてサポートしています。)「手間隙かけて将来の患者を減らす」なんて馬鹿げていると思うことでしょう。私の仲間の禁煙を推奨している肺がんの専門医に「禁煙を薦めると患者さんも減り、先生の手術もなくなり失業しますよ、だから私は禁煙外来はやりません」と声をかけてきた開業医もいるそうです。

それでも私たちが禁煙を推奨するのは、喫煙が明らかに寿命を縮め、さらには多くの寝たきり患者を出しているからです。喫煙者の中には「ポックリいければいい」という人も少なくありませんが、多くはポックリいけません。そして、喫煙者の大多数は本当はタバコをやめたいと願いながらやめることができずに「俺は吸いたくて吸っているんだ」と嘯いています。いうなれば、我々には「本当の需要」が見えている。だから面倒くさかろうが金にならなかろうがやめられないのです。

喫煙者の多くは「タバコをやめたくない」といいながら、意味もない「軽いタバコ」に替えたり数を減らしたり、あるいは禁煙グッズを買い込んだり…言葉とは裏腹な行動をとっているでしょう?ちなみに”軽いタバコ”ほど有害性が大きいですし、世の中にあふれる禁煙グッズは一部を除きほとんど効果ありません。

なお我々はメタボリックシンドロームなんて重視してはいません。あれこそ厚生労働省がタバコ問題から目をそらさせるために騒ぎ立てているだけのことでしょう。「タバコがマフィアのボスだとしたら、メタボは街のチンピラ」という認識です。きょうび禁煙推進を積極的にやっている医師は、国・厚生労働省と対立していますよ。

タバコ税についても、本来は人命を犠牲にしたタバコ税などゼロであるべきだという主張をしています。

<補足>
「認知症」と「認知障害」を混同されていますね、認知症(いわゆる痴呆症)と認知障害はまったく異なる概念ですよ。何度でも書きますが、喫煙者は敵ではありません。喫煙者こそタバコの最大の被害者だからです。被害者を救済するのが我々医師の務めです。「他の回答者は回答を激しく拒否」とありますが、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1418772299
のどこを見ればそれが理解できますか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

kbc********さん

2008/9/403:23:07

煽り質問ご苦労様です。

しかし煽られる人はよくこんな長文ばんばん貼れるな~
よっぽど暇で、尚且つ現実で喫煙者にいじめられたんだろうなぁ。
いじめられっ子かわいそうwwwww

jdu********さん

2008/9/403:17:36

第三者的に意見を提供しますが、

「喫煙者・ニコチン依存者は精神疾患だ」
という発言を知って、
はたして、本当の精神疾患の方にどういう実害があるのでしょうか?

この質問のきっかけとなった、
「ホンモノの患者さんへ悪いから」という意見から見直した方がいいと思います。

キチ-イとか差別的な意味で批判するならともかく、
病名でバッシングして何が悪いんだろうと思います。

実際、ニコチン中毒者は精神的にオカシイのはあなたもご存じなわけで、
タバコがないとイライラして、タバコの事ばかり考えて、
吸えるようになったら、周り関係無しに喫煙する人間を
医者が「精神疾患」と言っても、
聞いた精神疾患の方はなんとも思わないと思いますよ。

あなたの、精神疾患と喫煙者を呼ぶのはおかしいという
精神疾患者擁護の方が、
精神疾患者はショックを受けるかもしれません。
ニコチン中毒者と、オレは別なのか?みたいに、より仲間はずれ、
遠い存在として差別されたという意識を持つかも知れない危険性もありますよ。

精神疾患の方が、今回問題にした医者の発言を知って、
精神的に通常では考えられないくらいストレスを感じたのであれば、
その人が個人的に医者やYahoo!を訴えるとかすればいいだけの話でもあると思いますよ。

また、ビジネスチャンスとか書かれていますが、
それをいうなら「JT」の広告はどうなるんでしょうか・・。
かなり悪であると思いますが・・。
色々とバッシングされていますが、JTをバッシングしていない理由などあるのかな~と
思ってしまいました。

sob********さん

編集あり2008/9/215:44:47

<質問者が別IDでログインしています。たくさんのご回答、閲覧に感謝します。質問者の気持ちとしては、議論に油をそそいで大火事にしたいものなので、回答に反論させていただきます。>



Q、『タバコを吸うと病気になるって嘘だと思います。
タバコなんて吸い始める時点で既に重度の精神病じゃないですか?』

A、『確かに、タバコを吸い始める時点でタバコに対する認知障害がありますね。これを「社会的ニコチン依存症」と呼んでいます。
その定義は「喫煙を美化・正当化・合理化し、またその害を否定することにより、文化性を持つ嗜好として社会に根付いた行 為と認知する心理状態」です。タバコを吸い始めるというよりも、非喫煙者であっても「オトナはタバコを吸っても良い」「喫煙者 をイジメるな」と考える時点ですでに「精神疾患」です。』(専門医dr氏の回答)



これがどうして医師法の定めるところの「啓蒙」なんだろうか?
質問とセットで全体をみれば、精神医学用語らしき物を散りばめながら、「あいつら頭おかしいよね,基地外だよね 」といってるのが明白じゃないか。実際 、他の回答者は質問者に強い不快感を示しているのに。精神疾患や認知障害に苦しんでる人に対する侮蔑や嫌悪感や恐怖心をこの医者は、このカオスな質問者くんと共有している。そのことが「差別」だと言っているんだ。そして、その侮蔑や嫌悪感や恐怖心を利用して知恵袋で回答し、嫌煙運動をしていることをさして、「医者が喫煙者と非喫煙者の対立を煽っている」と指摘してるんじゃないか。

「社会的ニコチン依存症」(加濃式)なんて概念が医学的にでたらめなのは、素人にだってわかる。『非喫煙者であっても、オトナはタバコを吸っても良い、喫煙者をイジメるなと考える時点ですでに精神疾患です。』なんて真顔でいわれた日には、もはや科学者としての資質を疑う。生理現象心理現象の話ならともかく、高度な倫理的価値判断の問題についてまで、自分たちの敵に対しては病気のレッテルを貼って攻撃する。まさにカルトのやりかたとそっくりだ。これが公式見解なら、NPO禁煙学会はカルト集団だ。
ちゃんとこの論点に回答してほしい。


<dr氏より事実誤認のご指摘の件ごもっともですので、当該箇所修正削除しました。>

<たばこ税値上げの経済効果についても興味はあるのですが、それはまた別カテで質問したいと思います。kubokkiesさんのご示唆により、評価は投票によって決めます。たくさんのご回答、閲覧を期待します。>

cho********さん

編集あり2008/9/123:11:29

たいした解答ではないので消させていただきました。
あなたの言う事も喫煙者として良くわかります。
個人的には禁煙に保険が適用された時点で差別が明確になってくるとは思ってました。病人として認定されたも同然ですから。この状況の中で、この医師の方は客観的事実に基づき解答しているに過ぎないとみるべきでしょう。問題はその意見なり情報を他の人間がどう消化して行くかです。私は喫煙問題から浮き彫りになる現代人の資質云々の方が余程問題ではないかと思います。
見てればわかりますが扇動はもっと巧妙です。

kub********さん

編集あり2008/9/208:36:39

何だ、この無知で思慮の浅い質問は?
似非正義感をふりかざしてんじゃないよまったく。

医師法
第1条 医師は、医療及び保健指導を掌ることによつて公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。

つまり、医師免許を持つことは健康に関する啓蒙活動をする使命を纏っているってことで、
drさんはそれを全うしているだけでしょ?

喫煙者=ニコチン依存症=精神科疾患
これも皆が認識しているとはいえない事実をしらしめているだけで、
なにも間違いではない。
それとも質問者はアルコール依存症は精神科疾患ではないとの認識なのかね?

ご本人が指摘するように、精神科疾患を患っている人に対する差別や偏見はむしろ質問者にあるようだよ。
その腫れ物に触るような表現はまさにそう。
基本的に薬で症状は減少する脳という臓器の疾患なのに、
無知をさらけだしてんじゃないよまったく。

こんな恥ずかしい質問は即刻取り消しにするか、
注目を浴びて恥を他のカテ利用者まで広げる前に解決済みにすることをお勧めして、
二度と専門家にかみつくようなドンキホーテにならないように気をつけるべきだね。

忠告耳に届かず....か。
別IDの回答を見ても精神疾患、精神疾患を患ってる患者に対する差別・偏見は質問者本人にあるようですね。
誰も「頭おかしい」とか「きちがい」などという侮蔑言葉は使っていないのに、
質問者本人がそれをイコールと思いこんで被害妄想に走っている。

ここの回答者、それも一部喫煙擁護派もいるのに、
だれも質問者の意見を支持していないよね。
それなのに、執着気質のように別IDまで使って噛みついてくるドンキホーテ。
そこまでしてタバコの正当性を認めてほしいのか、
喫煙者=ニコチン依存症(精神疾患)を否定したいのか。
「社会的ニコチン依存症」...とてもわかりやすいですね。

ま、とにかくdrさんは真っ当な事をされているだけで、誰の後ろ指をさされる謂れはないし、
これからも禁煙に関する医学的な知識を広めていただきたいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる