ここから本文です

交通事故での生活費

par********さん

2018/3/2820:09:45

交通事故での生活費

リハビリや骨折で仕事に行けない場合は、皆さんどうして生活していますか?
手術して自賠責120万枠を超えてしまい加害者側の保険会社「全労済」から一円の休業損害ももらってません。
諸事情で蓄えなかった私が悪いのですが.弁護士からは生活保護をもらうように言われました。
事故にあってよく儲かるとか書いてありますけど、大事故の場合は、損する事ばかりです。
本当に、働けない場合は症状が固定するまで休業損害払って頂けないものなのですか❓
生活保護聞きに行きましたが、月に10万以下と言われました

閲覧数:
192
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bee********さん

2018/3/2902:10:54

弁護士は特約を使用したのですよね
そしたら後遺障害の認定です
けがの内容によっては、数千万円の慰謝料が獲得できます
※全く違和感なく後遺障害を申請しないなら読まなくて結構です
後遺障害にはまず貴殿の患部が症状固定されなければなりません。
症状固定には私の経験やサイトでは6か月ぐらい通院し相手保険会社からそろそろ症状固定の話を持ち出し保険会社にも嘱託医がいますので相談します。
貴殿の通院先の医師に話し私の場合は医師が「保険会社と私が合意すれば症状固定をしますよ。」という事で8か月通ったので医師に症状固定をお願いしました。
そして後遺障害に申請です。弁護士に無料相談するのは良いと思います。
ただ貴殿が入院を数か月するような事故のけがでない限り自賠責保険内の慰謝料では弁護士を雇うにはその費用だけで利益にはなりません。弁護士を雇うなら後遺障害が認定されてからです。後遺障害を認定されれば慰謝料は自賠責保険の慰謝料では最大で70万円位と推測しますが【自賠責保険に関しての慰謝料は下記に計算方法を記してあります】一番下の後遺障害14級9号で任意保険険基準での慰謝料では150万円位ですが弁護士を雇って弁護士基準の慰謝料になれば270万円近く跳ね上がりました。ですので後遺障害が何等級かわわかりませんが最低でもその位までは慰謝料がいきますのでその時が弁護士を雇うポイントです

私はむちうちで後遺障害14級9号を認められました
レントゲン、MRIなどで異常なし、神経学的所見も異常なしです
どうして認められたかなど記載しています。長文と関係ない記載がりますがどこかに貴殿の参考になる記載があると思います

この交通事故カテゴリは保険会社の社員が多くホントに貴殿の利益にならない事がおおいです。良かったら参考までに読んでください。
下の回答者rocket_code9さわは口調は良いですがかなり質問者に損害を与えています。
常日頃相手弁護士にやられているので、弁護士のメリットは教えません
慰謝料は自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準とありますが弁護士基準が最大支払われる慰謝料の基準です。これを保険会社は恐れいているのです
下に記載しますが任意保険会社の慰謝料で終わったら弁護士基準での高額な慰謝料頸椎捻挫で後遺障害が残った場合慰謝料は100万円違います。それを紹介しないのがこのカテの交通問題の回答者【保険会社です】

このカテの回答者は保険会社の職員がをおおいです
ですので質問者に不利益を与えていることが多いのです


【rocket_code9さん。】によるとわたしが草野球で彼がメジャーリーガーだそうです


しかしホントのメジャーリーガーは弁護士です。
保険会社は弱いものには強気でいじめますが、弁護士の前では手のひらを反してお手上げです。弁護士が言ってました。保険会社は2枚舌だそうです。
弁護士の前では【rocket_code9さん】も私も目くそ鼻くそです。

今も彼とはやり合ってます。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q131870466...


では私の経験を記載します
けがは頸椎捻挫(むちうち)など数日たってから痛みが発生する事がありますので
様子見ですね。
その様な痛みが発生したらすぐに整形外科に受診し診断書を出してもらい警察に提出してください。そして今回の事故を事故扱いにしてもらうのが安心です
出来ましたら頸椎捻挫で月15日通い続けて下さい。慰謝料と治療費の合計が120万円まで受けられるので毎月の治療費は相手保険会社が貴殿の病院から貰ってますので基本相手保険会社に診療報酬明細書を毎月取り寄せ合計120万円を上限に医者に通院してください。10分の電気治療で8400円でるのですから
そして6か月位になった時相手保険会社から症状固定【これ以上治療しても治らない】と言う事を言ってきます。相手保険会社も貴殿の医師に確認しに行きます
で医師に症状固定の話をし貴殿と保険会社が合意すれば症状固定になります
そして相手保険会社は後遺障害の申請を持ちかけます。後遺障害14級9号を求める事になるでしょう。MRIレントゲン等で異常が認められなくても月15回は通っていれば認められる可能性あります
そしたら弁護士に依頼です
全ての慰謝料が弁護士基準になります
けがの慰謝料110万円 後遺障害慰謝料100万円、遺失利益65万円
275万円が請求金額です
弁護士を雇えば費用が掛かります着手金20万円+成果報酬10%が相場です
20万円+27万円合計47万円を引くと228万円です
これが貴殿の最終的な慰謝料の受け取り金額です
貴殿の保険が弁護士費用特約に入っていれば弁護士費用も掛かりません
そうすると275万円そのまま受け取れます
以上です参考までに

更に証拠としてサイト添付します【このような事はこのスレでは教えてくれませんよ】

けがの自賠責保険基準の計算方法と任意保険基準の慰謝料弁護士基準の慰謝料が掲載されているサイトです
. https://交通事故慰謝料.cc/calculate/

慰謝料計算式その3・弁護士(裁判)基準の慰謝料計算式
傷害部分の慰謝料基準表(損害賠償額算定基準:別表Ⅰ)
https://xn--3kq2bv26fdtdbmz27pkkh.cc/calculate/

傷害慰謝料を14級の 慰謝料(弁護士基準で110万円)

たとえば、むちうち症で14級が認定され、年収が300万円の被害者の場合、 逸失利益 の弁護士基準は約65万円になる。
https://xn--3kq2bv77bbkgiviey3dq1g.com/b14kyu/

  • bee********さん

    2018/3/2902:31:43

    rocket_code9さんの記載めちゃくちゃです。あまりにも弁護士と日頃やり合って負け続けている為おかしくなっています

    >加害者側保険会社としては、おそらく治療費全額を支払っていると思われますので

    保険会社なのだから当たり前です。【あまりにも俺にやられ過ぎて頭がどうかしてしまいましたね】

    >さらに休業損害を支払ってしまうと過剰支払になってしまうため、休業損害を支払うことができない状況なのだと思われます。

    過剰支払なんだそりゃ!

    >休業損害を支払うことができない状況

    え、潰れそうなのかな(笑)

    >弁護士に委任をするというのはご質問者様の「自由」ですが、その「自由な選択」の結果は、残念ながら「自己責任」になってしまいます。

    凄いね。弁護士雇うと保険会社はそう思われるのかね。
    自由な選択ではなく、より良い弁護士基準での慰謝料の獲得です
    自己責任などないですよ。交通問題に強い弁護士を雇えば慰謝料は全然違います

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

owa********さん

2018/3/2902:45:21

roc********さん

2018/3/2901:16:48

損保会社で人身事故の担当者をしています。

※2018/2/23付のご質問に回答させていただいており、人身傷害保険がないことを理解しております。



>皆さんどうして生活していますか?

ケース・バイ・ケースだと思います。

ご自身の貯蓄で生活費をやりくりする人もおられます。

また、加害者側保険担当者と円満な関係を維持し、休業損害を支払ってもらっている人もおられます。

ただ、ご質問者様のケースでは、ご質問者様側が弁護士に委任をしているので、加害者側保険担当者と円満な関係を維持することは(実質上)不可能に近いと思います。

また、これも弁護士に委任をしたからだと思いますが、加害者側保険担当者が、過失割合について「五分五分」という強い主張をしてきています。

その主張が正しいかどうかはともかく、加害者側保険会社としては、おそらく治療費全額を支払っていると思われますので、さらに休業損害を支払ってしまうと過剰支払になってしまうため、休業損害を支払うことができない状況なのだと思われます。

弁護士に委任をするというのはご質問者様の「自由」ですが、その「自由な選択」の結果は、残念ながら「自己責任」になってしまいます。

「自己責任」なのですから、基本的には、(生活保護などの福祉制度を除いて)他の人の助けを借りることはできません。



>本当に、働けない場合は症状が固定するまで休業損害払って頂けないものなのですか

症状が固定しても、休業損害を支払ってもらえるとは限りません。

弁護士と加害者側保険担当者との交渉の中で、休業損害を支払う内容で示談が成立したときか、あるいは、裁判で休業損害が認められた場合には、休業損害を支払ってもらえると考えて良いのですが、

過失割合の問題がどのように決着するのかによって、実質的にどこまで休業損害が受け取れるのかは、現時点では、全くの未知数としか言いようがないのではないでしょうか。



【追伸】私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。

oas********さん

2018/3/2821:55:19

>手術して自賠責120万枠を超えてしまい加害者側の保険会社「全労済」から一円の休業損害ももらってません。

事故の内容が不明ですが質問者さんに過失のない及び割合の低い事故(被害事故)であれば自賠責などは一切関係ないかと思います。全労済はごねているだけでしょう。

弁護士も弁護士ですね。休業損害の仮払いの申請は打診されなかったのでしょうか。こちらは事故にあう前に就業しており事故のけがにより生活に問題があると裁判所が判断すれば基本的に訴訟などを行わなくても認められる手はずとなります。

申し立てをして二週間くらいで決定されるとおもいます。

早急に手配がないと被害者は生活ができなくなりますから当たり前ではありますね。

申請はさすがに個人では難しいかなと思いますのでこんな時のための弁護士相談なのですが。交通事故に知識のある弁護士に再度相談されてはいかがでしょう。同じ弁護士に休業損害の仮払い申請は?と聞いてみてもいいと思います。けむに巻く回答であればその弁護士は交通事故を理解していない可能性があります。

交通事故に関する知識は司法試験には一切出ません。その弁護士事務所がなにを生業にしているかを調べたほうがいいでしょう。私だったら次に行きます。

弁護士会に交通事故に詳しい弁護士を探しているといって紹介してもらってもいいかもしれません。相談料は無料のところでいいでしょう。

国会図書館などに行けば弁護士大観があります。そこで頓珍漢な生活保護を打診する弁護士の専門性を調べてみてはどうでしょう。交通事故と書かれていることはほとんどないはずです。

tan********さん

2018/3/2821:14:50

賠償金の支払いは、示談成立後か裁判の判決が出たあと

相手側が賠償金の先払いする義務などありません。
仮払いなんって、相手側のご厚意だから

dak********さん

2018/3/2820:40:18

過失割合がある事故ですか?

無過失事故なら休業補償は一定期間みてくれる保険会社が多いのですが、担当者が兵糧攻めにするつもりかもしれません。

ご自身の任意保険の人身障害保険で補償してもらえるか問い合わせてください。

あるいは休業損害仮払い訴訟を弁護士費用特約を利用しても提起する。

どちらも使えないとなるとむつかしいでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる