ここから本文です

大学1年生に4月からなります。将来はオックスフォード大学などイギリスへ留学をし...

hug********さん

2018/3/2918:30:55

大学1年生に4月からなります。将来はオックスフォード大学などイギリスへ留学をしたいと思い、準備するのに調べていました。

IELTS OA7.0-7.5が必要と判明しました。

現在英語はTOEIC955点取得しておりますが、IELTSは未受験です。
自分のレベルをするのに受講を一度したあと、OA7.0ない場合はどうやって勉強するのが良いでしょうか?

東京港区在住です。

ちなみに、IELTSと検索して
・アゴス
・ブリティッシュカウンシル
・バークレーハウス

3つがでてきました。
他にもあると思いますが、おすすめはありますでしょうか?

閲覧数:
109
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

win********さん

2018/3/2918:51:21

初めまして

4月から大学生活が始まるのですね。
熱心に勉強もされるようで、素晴らしいと思います。

ご質問にある おススメの学校とのことで、
私の知っている知識をシェアできればと思います。

まず、懸念点として
TOEIC955点=IELTS7.0-7.5と換算表では表示されます。
しかし、テストの内容がTOEICと違い4技能を測定しているので
スピーキングやエッセイなど慣れなければなりません。

またアカデミックなテストなので、TOEICみたくビジネス感がないです。

港区在住なら記載されている3社は近いと思いますので、
一度、無料体験レッスンでどこか行かれてはいかがでしょうか。

【アゴス】
体験レッスン、カウンセリング、料金では1番高額かと思います。
渋谷にあります。グループレッスン中心のプライベートも用意があるようです。

【ブリティッシュカウンシル】
イギリス政府も関係しているので、料金はそこそこだったと思います。
飯田橋駅すぐの場所にあり、勉強する環境や施設としては将来の留学も考えるならここもありかと思います。

【バークレーハウス】
民間企業の中で日本で一番最初に留学をビジネスにしたパイオニアの企業です。
こちらはTOEFLやIELTSの専門講師が在籍しております。
場所は市ヶ谷駅すぐの場所。
講座情報ではOA 7.0以上を指導できる講師もいるので、他校と比較しても実力的には自信のあるカリキュラムと講師がいるのではないでしょうか。

→参考までに
http://berkeleyhouse.co.jp/countermeasure/ielts 【IELTSページ】
http://berkeleyhouse.co.jp/countermeasure/ielts/howtostudy 【学習ヒント】
http://berkeleyhouse.co.jp/countermeasure/ielts/ieltsvoice 【受講生の声】


日本に若者がグローバルに活躍できる時代になっていることが嬉しいです。
是非、オックスフォード大学へ進学し、ご活躍ください。

  • 質問者

    hug********さん

    2018/4/215:32:33

    各学校の特長と内容をありがとうございます。
    全部お話を実際に伺ってきました。

    【感想】
    ・アゴスはグループレッスン中心で料金も高めに感じました。

    ・ブリティッシュカウンシルはIELTS7.5など高めのコースがない

    ・バークレーハウスは満点取得でバイリンガルの講師が在籍
     [正木講師]
    http://berkeleyhouse.co.jp/countermeasure/ielts/ieltsteacher

    こちらの方で体験レッスンを受講しましたが、教え方がすごく上手で勉強方法なども役に立ちました。

    料金は比較的 安価でしたが、やはり40-60レッスンではそこそこな金額になります。
    通学とオンラインレッスンや添削を複合させて学習しようかと思います。

    アドバイスをありがとうございます。



返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mjj********さん

2018/3/3022:51:23

はじめまして。
オックスフォード大学ではありませんが、ラッセルグループのうちの一つの大学院からオファーを貰ったので、少しでも参考になればと思い、回答させていただきますね。

私はOA7.0までしか持っていないので7.5を目指されるのであれば参考にならないかもしれませんが…。

私は質問者様のようにアクセスの良い都会には住んでいないので、基本的に独学でした。

リーディングやリスニングに関してはそれで問題なかったのですが、スピーキングとライティングはやはり誰かに評価してもらいたかったのでネットを活用しました。

スピーキングに関してですが、オンライン英会話の大手であるDMM英会話を利用しました。DMM英会話にはIELTS用の教材があるので、IELTS教材対応の講師を指名してひたすら練習しました。IELTS教材を全部終わらせてしまった後は、ネットに転がっているIELTSスピーキングの問題のURLを講師に送って練習しました。


ライティングは、

http://ieltsanswers.com/writing-correction.html

こちらのサイトで添削してもらっていました。安くはないので、最初にTask1とTask2を1本ずつ送って添削してもらったあとは、週に1度添削してもらっていたかどうかです。
ただ、添削が週に1度以下だっただけで、実際書いていたのはほとんど毎日です。どこかのサイトからIELTSの実際の回答用紙と同じものをプリントアウトして書くようにしていました。そうすれば、自分の字の大きさだと大体どのあたりまで書けばどのくらいのword数だ、というのがだんだん分かるようになってくるので。

また、IELTS完全対策&トリプル模試 という書籍も活用しました。

以上のことをして、私はスピーキングで6.5、ライティングで7.5を取りました。


IELTSはTOEICなど他の試験に比べると対策がしづらく、真の英語力が問われている感じがしますが、やはり試験である以上、問題形式に慣れておく方が有利なのは間違いないです。そういう意味で、数をたくさんこなすことが必要だと思うので、私は質問者様の挙げられた学校(…?)で講座を受講するよりも、独学しながら適宜ネットを活用する方法をおすすめします。

質問者様の意に添えない回答でしたらすみません。

nek********さん

2018/3/2919:23:54

私はオーストラリアの専門学校に留学する時にIELTSを受けました。私のスコアは6.0で、質問者さんの目標スコアより大分低いですが、少しでも参考になればと思い、書かせていただきます。


既にご存知かと思いますが、IELTSのスコアが入学規定に満たない場合、大学の附属の語学学校でプレセッショナルコースやファウンデーションコースを受ける方法もあります。IELTSのスコアを満たしてなくてもこのコースの終了を以って大学入学許可が与えられます。
でも学費は馬鹿にならないし、イギリスでの生活費などもかかるので、日本で実家暮らしやアルバイトをしながら勉強して、IELTSで規定スコアをクリアした方が安上がりです。

IELTSの受験料は1回25,380円もするので、レベル確認のために受けるのは勿体ないように思います。考え方は人それぞれですが、私なら万全の準備をして、一回で目標スコアをクリアできるように頑張ります。
アゴスの説明会に行ったことがありますが、簡単なテストをしてくれて、その場で何をどのくらい勉強したら良いかを教えてくれるので、参考になると思います。


アゴスなどの学校に通うのも良いですが、IELTS対応の学校は少ないので、学費が高い傾向があります。
私はなるべく費用を抑えたかったので、オンライン家庭教師を利用しました。普段の勉強は、自宅では集中できないため、月極めの自習室を借りていました。
また、ライティングはIELTS向けのオンライン添削サイトを利用しました。

オンライン家庭教師は、私は「アルファ・ネクサス」を利用しましたが、他のスクールは受けたことがないので特別おすすめというわけではありません。先生との相性は良かったですが、これは個人の好みがあると思います。
いろいろ体験レッスンを受けてみて、比較して決めると良いと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる