ここから本文です

民法が得意な人に質問です。遺留分権利者が減殺請求によって取得した不動産の所有...

fac********さん

2018/4/422:03:58

民法が得意な人に質問です。遺留分権利者が減殺請求によって取得した不動産の所有権に基づく登記請求権は、時効によって消滅することはないそうですが何故ですか?

閲覧数:
30
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bam********さん

2018/4/500:55:07

そもそも「所有権にもとづく登記請求権」には時効はないです
で、そのルーツは所有権は消滅時効がないからです

≫減殺請求によって取得した不動産
これの理解が大切なのですが、我国民法では、物権変動は意思表示のみによって起きるとされ(176条)、登記は公示する為の手段に過ぎないんです

つまり減殺請求の時には本当は物権変動は生じている
それ故、所有権に基づく物権的登記請求権には消滅時効がないんです

それとご質問の「何故ですか」と言うのは、法律の勉強の中ではやめた方が良いです
すべて「人が決めた事」であって、それに合理的な理由があるにせよ、自然科学のように絶対的な真理がある訳じゃないんです

もし所有権に消滅時効がない事のルーツを辿れば「古代ローマ人がそのように決めたから」に過ぎません
我国民法がローマ法を起源とするフランス法を手本にしたからそうなっただけです

ちなみにローマ法と対比されるゲルマン法の子孫であるドイツ民法には「所有権に基づく物権的請求椎」には消滅時効があります

質問した人からのコメント

2018/4/5 00:56:46

ありがとうございます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる