ここから本文です

一般的な貯蓄額と老後に必要な額の差が大きすぎるのですが、 老後生活していけて...

ten********さん

2018/4/1100:12:58

一般的な貯蓄額と老後に必要な額の差が大きすぎるのですが、
老後生活していけているのでしょうか?

60歳の平均貯蓄が1411万 中央値で601万に対して
60歳で2000万ないと一般的な老後の生活ができないとのことです。
これだと殆どの人が老後まともな生活できないということになります。
どうなんでしょうか?

ネット抜粋:
•年代別の貯蓄額の平均値と中央値を調べてみた ◦20歳代の平均貯蓄額321万円 中央値77万円
◦30歳代の平均貯蓄額470万円 中央値200万円
◦40歳代の平均貯蓄額643万円 中央値220万円
◦50歳代の平均貯蓄額1113万円 中央値400万
◦60歳代の平均貯蓄額1411万円 中央値601万

老後に必要なお金抜粋:
60歳までに必要な金額はトータル約2,200~2,700万円

閲覧数:
4,009
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/4/1200:26:38

多くの人は単純にメディアに振り回される。根本的に人は皆、何歳まで生きる予定なのですかね。基本的に必要額とは70、80になってもヴィトンの財布買ったりする様な話なのですかね。ご飯食べれればそれで良いしその程度の望みならそんなにお金が必要なのか私には分かりませんが。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

onb********さん

2018/4/1609:16:34

60歳で2000万ないと、、、、
私は最低でも4000万円は欲しいと思っています

サラリーマンで厚生年金で満額貰えるのなら その半分でも良いかも

退職後の生活で贅沢しないで節約すれば年間200万円以下でも十分可能です

fre********さん

2018/4/1608:15:23

今後労働人口も減るわけですから、年金も減ります。老後も働かなければ生活できないです。ただし、健康上の理由などでゆくゆくは働けなくなるのですから、若いうちにためておくに越したことはないでしょう。今気づけてよかったですね。

coi********さん

2018/4/1114:44:00

貯蓄ゼロ世帯が、60代で30%、70代で28%と言われていますから、高齢者の貧困は、今後、益々深刻になるのは確かでしょうね。

当然、そういう人達は、高齢になっても、働き続けなければいけない訳ですが、病気や事故や雇う側のニーズで、働けなくなるでしょう。

そうなると、低年金の場合、親族に養って貰うか? ナマポさんでしょうね。

今の若者が高齢者になる40年後が怖いですね。

min*******さん

2018/4/1108:46:19

貯蓄額には貯蓄性保険や財形が入ってないのでは?
あと金額を見る限り退職金も算入されてないでしょう。

fai********さん

2018/4/1107:18:02

金融資産の定義には、日常の入出金口座や事業資金は
含まれていません。なので、実際の平均貯蓄額は
統計の額よりもっと多いのです。

老後の費用について言うと、60~64歳は無年金なので
年400万×5年=2000万かかります。
その後は年金がもらえますが、不足分は
年100万×25年=2500万かかります。
その他、家の建て替えで3000万、
老人ホームは3000万×2人=6000万
合計すると1.35億は貯めておいた方が安心だと思います。
(1億で年300万配当が出るのでそれで暮らせます。)

もちろん、子供の世話になることは不可能ではないですが
子世代に迷惑をかけないよう自分で準備をした方が
良いと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる