ここから本文です

大学生です。銀行に行って投信を含む運用の相談をしました。 色々あり、貯蓄型のド...

アバター

ID非公開さん

2018/4/1118:19:52

大学生です。銀行に行って投信を含む運用の相談をしました。
色々あり、貯蓄型のドル建て終身保険を契約しました。
6か月分(約12万円)払い込み済みです。

しかし最近知識や周りの方々の意見等を身につけると
この保険は無駄だったのではないかと感じました。

解約するとほとんど返ってきませんが、解約して、
保険料になる予定だった分のお金(残り300万円ほど)を他の運用にまわした方がいいでしょうか

補足思ったより多くの方に回答していただいて驚いています。
ありがとうございます。
保険の情報を補足いたします。
保険会社はメットライフです。
最低の積立利率3%保証で毎月変動です。
毎月の保険料は一定で約190ドルです。
払込期間は15年で、途中でまとめて払ったりできません
払込期間中の解約返戻金が低くなる代わりに保険料が安くなる特約に入っています。

私自身の見解は以下の通りです。
どれだけ先に解約したとしても利回りが2%を下回るので運用の性質があるとはいえ運用期間の割には低すぎる。それなら世界的に株価が割高ではあるが投信で増やすべきだと思う。
将来残される家族のためのお金の必要性を(ネットなどで)よく聞くので死亡保障がいいとは思う

契約当初は銀行の言うことを飲み込んでいましたが(おおまかには下記の通り)最近はそれらに疑問を持てるようになりました。
増やせるよ
もしもの時の備えになるよ
運用経験がないから保険しか勧められないよ

よろしくお願いいたします

閲覧数:
153
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kin********さん

2018/4/1523:43:41

???

先々 ???

が、証券会社 で、相談が♪

自分が納得すれば♪♪♪


払込 円安、
受け取れるとき 円高…

計算を。

自分が納得すれば♪

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

miu********さん

2018/4/1610:55:16

保険は基本的に「損な賭け」です。大雑把に30-50%が 保険金の支払いにも、満期返戻金等の加入者に戻る資金にも なりません。保険会社の経費等で消えます。

つまり 1万円入れたら、下ろすのに3-5千円の手数料がかかるATMのようなものです。なので 必要最小限のコストで、期間限定で入ります。

ご結婚されたとか お子様ができて、相談者さんが 万が一不幸にして 亡くなった場合、経済的に困る人が できた場合で十分です。それも掛け捨て逓減型でOK。若いときに入っておけば、後々保険料が安くなると言う営業トークを信じるのも どうかと思います(30-50%経費に回る為)。

また 例えば2-3千万円の金融資産ができたら、1千万円程度の保険に入る必要性もかなり低いです。逆に5千万円程度しか 金融資産がない中小企業の社長さんが、一億円の賠償責任保険等に入るのは 意味があります。万が一の時に 払いきれませんから。

また 病気とか老後とか、ありふれた危険のために 入るのも向いてません(支払保険金総額が多すぎるので、毎月の保険料が高くなる)。交通事故のように めったに起きないが、起きたら 多額の保険金が必要なものには、非常に向いていて大変有効な仕組みです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

shi********さん

2018/4/1320:08:34

メットライフの外貨建て終身保険は、運用というより死亡保障を安く買える商品です。運用のために買う商品では無いですが、保障を買うという意味で、継続できるなら15年間払った方が良いと思います。

初心者で、銀行に投資の相談に行って外貨建て終身に入らされてしまうようなら、自分で投資信託を購入しても儲からないと思います。
手数料だけ高い投資信託を勧められ、それに投資しそうですね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

swf********さん

2018/4/1209:32:34

他の方がだいたい回答されているので、私は違った観点も回答いたします。

ご質問者は大学生ということですが、現在の収入や今後の収入予測、300万以外の余裕資金がどの程度あるか分からないので、なんとも言えないというのが本音のところですが、一つ言えるのは、資産運用をする上で、銀行(金融機関)の営業の言葉を鵜呑みにしない方がよいとは思います。今は情報はいくらでも手に入る時代です。資産運用において、損をしたくない、少しでも得をしたいということでしたら、自分で勉強した方が確実だとは思います。もちろん、金融機関の方の意見を参考にする分はよいと思いますが、zxyさんの言われるように、一般的な大学生に「貯蓄型の終身保険」を契約させる銀行はどうかと思います。

>>>解約するとほとんど返ってきませんが、解約して、保険料になる予定だった分のお金(残り300万円ほど)を他の運用にまわした方がいいでしょうか。

私だったらですが、この後、相当の期間にわたって、支払い続けられるのであれば、頑張ってみますが、300万を使って、別にやりたいことがあれば、解約も検討します。

若い大学生であれば、300万を使って、海外でワーキングホリデーに行く資金にする)、海外留学にする資金にする、プチ起業の資金にする、アナウンサースクールなど資格や能力をつけれる学校に通う、大学院に行くお金に使う、などの有益なお金の使い道はあるかと思います。将来の就職の選択肢が大幅に増えると思います。その300万は2倍にも3倍にもそれ以上にもなって、将来返ってくるような気がいたします。したがって、ドル建て終身保険にお金を使おうか使うまいかと悩むよりも、大学生として、もっとすべきことがもしかしたらあるかもしれません。もちろん、資産運用などお金について考える時間も大事と言えば大事なので、その道を極められてもよいかもしれませんね。

「運用したい方の多くは、高値買をして70%位の方が負けます」という意見もあります。このリソースがどこかは不明ですが、分配型投資信託を買う70%の人が元本割れをするとか、アベノミクスが始まる2012年後半までは個人投資家の72.4%が損をしていたというデータがあるようです(http://stockforecast.jp/?p=3060)。投資初心者が個人で投資するよりも、専門家のアドバイスを受けて投資をすべきだと提案する営業マンにとっては、使い勝手のよいデータかもしれません。

資産運用を考える上で、貯蓄型保険や投資信託等含めて金融商品のかなり大部分は消費者として優先的に選択するに値しないと私は思います(そこに義理とか人情とか入れば話は別になります)。自分自身が正しい知識をもつように勉強し、少しずつ経験を積んでいけば、リターンを増やし、リスクは減らすことは可能です(0にはできませんが)。少しでも知識をつければ、ドル建て終身保険が違ってご質問者様には見えてくるはずです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

bli********さん

2018/4/1121:04:28

貯蓄型のドル建て終身保険は買ってはいけない金融商品です。

早急に解約しましょう。

損した分は授業料と考えるしかありません。

http://www.fp119.net/basic/04.htm

資産運用は銀行で行ってはいけません。

ご自分で勉強するしかないのですが、ネットには多くの有益な情報があります。

対面販売型の銀行や証券会社へ行くと、顧客が損をする(銀行が得をする)商品ばかり売り付けられますよ。

zxy********さん

2018/4/1120:57:38

大学生に「貯蓄型の終身保険」を契約させる銀行もどうかと思うけど、契約する質問者さんもどうかしてる。

まぁ、いまさら言ってもしょうがないから、6か月分(約12万円)は授業料だと思ってあきらめて、終身保険は解約した方がいいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる