ここから本文です

ハイオクには洗浄効果があり、レギュラー車にたまに入れると良いと耳にしました。

niko_niko_takuさん

2018/4/2513:25:07

ハイオクには洗浄効果があり、レギュラー車にたまに入れると良いと耳にしました。

では、ハイオク車の場合はどうなのですか?
常にハイオクを入れているので、常に洗浄されているということになりますか?

閲覧数:
991
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

happyhometさん

2018/4/2513:45:43

ハイオクに洗浄剤を添加してるのは、高圧縮に耐える為に洗浄剤を混ぜて燃えにくくして点火速度を遅くする為。
エンジンは圧縮を高めるほどパワーが出るが、高圧縮下では燃えカスが残り易くなるので、どうせ混ぜるなら洗浄剤を混ぜているんです。
逆に言えばレギュラーは燃えやすく燃えカスが残りにくいので、洗浄剤を添加する意味が低いって事です。

またハイオク仕様のエンジンはレギュラーを入れても点火時期を遅らせレギュラーに対応するようになっているが、レギュラーエンジンはハイオクを入れたところで点火時期は進角しないし、圧縮が上がる訳でもないので、燃えにくいハイオクを入れると逆に燃えカスが残り易くなり、洗浄剤で洗浄されたところで本来のパフォーマンスは出ません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

che********さん

2018/4/2515:49:59

30万キロ走行したエンジンをばらしたことが
ありますがハイオクを入れ続けたエンジンはそれは
綺麗でした。
レギュラーを入れ続けたエンジンとでは明らかに
差はありましたよ。

san********さん

2018/4/2515:38:54

ノッキング(自己着火)しないことで「燃えにくい」と思われているハイオクですが、そもそも間違い。
燃えやすさ=燃焼速度に差はありません。
点火プラグで点火するならば、ハイオクもレギュラーも同じです。

高圧縮で自己着火されると困るから、オクタン価を調整しているだけ。
決して「燃えにくい」わけではありません。

その根本を理解していない人がまだまだ多い。

単純にハイオクのエンジンはススが出やすい(オクタン価を調整する薬品にも原因がある)ため、洗浄剤を入れています。
ただそれは、汚れてしまったものを洗うほどの効力はありません。
汚れないように維持するだけです。
なので、時々入れるのでは効果がなく、常に入れなければなりません。

sky********さん

2018/4/2515:20:53

たまに入れても効果はないでしょうね。

私はいろんな車を持っていますが、カードの関係でハイオクもレギュラーも大して値段が変わらないので、なんでもハイオクです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

toy********さん

2018/4/2515:01:41

ハイオク仕様の車は洗浄より、ハイオクで設計されてるから、ハイオクを入れ無いと調子が悪い

2018/4/2514:57:23

オクタン価を上げる添加材が燃えカスの原因に成るので、仕方なく清浄材を入れているだけです。
ですのでレギュラー用のエンジンに入れても、お金を無駄にするだけで、何の効果も有りません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる