ここから本文です

朝日新聞阪神支局襲撃事件=朝日新聞襲撃事件=赤報隊事件に付いて。 最新の情報...

ezr********さん

2018/4/2910:56:11

朝日新聞阪神支局襲撃事件=朝日新聞襲撃事件=赤報隊事件に付いて。

最新の情報を教えてください。

閲覧数:
73
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kar********さん

2018/5/311:52:13

以下を読めば分る。
_
霊感商法とは、悪徳商法の一種である。

1978年(昭和53年)頃から、先祖の霊が苦しんでいるとか、先祖の因縁を説かれ、高価な印鑑、壺、多宝塔等を購入した多くの者が、国民生活センターや各地の消費生活センターに苦情を寄せるようになった。

1980年代に世界基督教統一神霊協会(統一教会/統一協会)の信者らによるこの種の商法が問題となった際に、『しんぶん赤旗』が「霊感商法」という言葉で報じ、以後この呼称が広く使われるようになった[1]。

1984年12月 - 『朝日ジャーナル』(12月5日号)が「霊感商法」の追及キャンペーンを始めた[10]。

1986年(昭和61年)には『朝日ジャーナル』が「霊感商法」批判記事を連載した。

被害額上位の事件
世界基督教統一神霊協会 被害者数3.2万人 被害額1,117億円
法の華三法行 被疑者数2.2万人 被害額950億円

1987年5月3日憲法記念日の夜、朝日新聞の記者二人が何者かに突如、散弾銃で殺傷された阪神支局襲撃事件。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる