ここから本文です

株価の見通し

eig********さん

2018/4/2918:09:06

株価の見通し

閲覧数:
48
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kin********さん

2018/4/2918:11:03

各自の自由。

1株 258万円期待して放置。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

bli********さん

2018/4/2918:14:10

【杉村富生の短期相場観測】 ─ “春の嵐”は収束、円高はピークアウト!
株式評論家 杉村富生

「“春の嵐”は収束、円高はピークアウト!」

●外国人は「最悪シナリオ」をハヤし売り込む!

2月以降の世界的な“春の嵐”はようやく収束、株式市場は出直りの動きを鮮明にしている。為替は3月26日の1ドル=104円56銭が円高のピークになったと思う。日経平均株価は3月26日の2万0347円が目先のボトムだろう。この水準のPERは11.9倍である。

5~7月の夏相場では為替は110円絡みの円安水準があろう。日経平均は1月23日の高値2万4129円を奪回する、と考えている。現在、日経平均の1株利益は1712円だ。ちなみに、世界平均のPERは15.0倍である。仮に、1712円をPER15.0倍に買うと、2万5680円の目標値が設定できる。

外国人は昨年11月~今年3月に、現物を3.4兆円、先物を6.3兆円、計9.7兆円売り越した。彼らが売りっぱなし、ということはあり得ない。実際、4月以降は買い越しに転じている。夏場に政治は落ち着きを取り戻すだろう。

トランプ大統領の発言、行動はすべて計算づくの“取引”ということがわかってきた。マーケットはこれに徐々に慣れ、振り回される度合いは小さくなろう。年初以来、日本の株式市場は安倍政権の崩壊、日銀の金融政策転換、アベノミクスの終焉、2018年度の減益説――など「最悪シナリオ」をハヤし、売り叩いた。夏相場ではこの反動があろう。

●為替は円安へ 株価を支援

円高については国内機関投資家の「脱米国債」の動きに加え、輸出企業のレパトリ(3月期決算に備え資金環流)、トランプ政権の通商政策(貿易黒字を批判)が背景にあった。しかし、最大の要因(需給面)は海外中央銀行のドル離れ→円シフトにあったのではないか。

すなわち、世界の外貨準備の通貨別シェアは昨年9月末がドル63.50%、円4.52%だったが、12月末はドル62.70%、円4.89%となっている。おそらく、この傾向は1~3月も継続しているだろう。この買い増し分を金額に直すと、3ヵ月間に552億ドルだ。約6兆円になる。

なにしろ、中央銀行の出動だ。インパクトは大きい。ただ、中央銀行がこれ以上、円を買い進むには「“割安”だけでは説明できない」と考えているだろう。まあ、円(日本)はそんなに立派ではない。早晩、彼らは冷静になるはずだ。そして、円安に振れる。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる