ここから本文です

「ハーケンクロイツ」と

jac********さん

2018/5/110:26:50

「ハーケンクロイツ」と

「スワスチカ」って、
どう違うんですか。

閲覧数:
261
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

blu********さん

2018/5/110:42:11

日本語で言うと『まんじ』のスワスチカは、古代から仏教やヒンドゥー教などで使われている模様で、お寺の記号として使われていることからもわかるように、日本では仏教を象徴する記号・模様とされています。また西洋では幸運の象徴とも言われます。

対して日本語では鉤十字と言われるハーケンクロイツは、ヒトラー率いる『ナチスドイツ』が使用していた模様で、第二次世界大戦前にはドイツの国旗になりました。ですが、ヒトラーが民族浄化の虐殺などを行った事もあり、このマークは世界的にナチズムを連想させる悪のものとして知られています。

余談ですが、スワスチカは左まんじ、ハーケンクロイツは右まんじで、向きが逆になっています。

質問した人からのコメント

2018/5/6 10:15:35

ありがとうございました

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる