ここから本文です

NATOでは9mmパラベラム弾が共通規格の拳銃弾として採用されていますがボディアーマ...

a7k********さん

2018/5/310:20:32

NATOでは9mmパラベラム弾が共通規格の拳銃弾として採用されていますがボディアーマーが普及している今日の戦場では軍用の拳銃弾としては貫通力不足だと思うのですがこの弾は今後、

高貫通力の拳銃弾に更新されていくのでしょうか?

閲覧数:
186
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aba********さん

2018/5/504:16:34

もともとピストルというのは士官や将校の護身用もといそれを表すための飾りのような側面がありますし、CQB用に見直されてきたとは言ってもカービンがある昨今そこまで主力足り得る存在にはならないのが現状です。予算などを考えても特殊部隊ならともかく軍全体としては更新の必要がないのでよほどのことがない限りこのままでしょう。

質問した人からのコメント

2018/5/7 15:36:22

ご回答ありがとうございました。m(_ _)m

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tx9********さん

2018/5/611:45:37

FN5.7
現状ではこの弾がもっとも解答にちかい弾だと思われますが需要があるかどうかは分かりません。

bdw********さん

2018/5/510:00:35

今は、メンインブラックで、使われた、ミニビームピストルの時代です。

zi8********さん

2018/5/414:25:21

言ってしまえば、NATOという組織自体が冷戦時代のものなので今後、見直される可能性もなくはないでしょう。

tak********さん

2018/5/313:00:33

わかりません。
米軍はまた9ミリを採用しましたが、アメリカでは45口径がまだまだ人気です。

chi********さん

編集あり2018/5/312:06:05

米軍が新規採用したp320も9ミリですし、よほどの技術革新がない限りはこのままでしょう。ボディアーマーに有効な威力を求めるとサイズ、重量、反動がえらいことになります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる