ここから本文です

牛乳には「高温殺菌牛乳」と「低温殺菌牛乳」があり、A生協では「高温殺菌牛乳はタ...

sur********さん

2018/5/507:25:56

牛乳には「高温殺菌牛乳」と「低温殺菌牛乳」があり、A生協では「高温殺菌牛乳はタンパク質とカルシウムが破壊され発がん性もあるので低温殺菌牛乳しか扱いません。」と言います。

しかしB生協では「高温殺菌牛乳はタンパク質は変形するだけで、又、カルシウムも元素だから120度でわずか2秒で破壊される事など科学的にもありません。その上、本当の低温殺菌牛乳とは65度で30分間殺菌されるもので、A生協の牛乳は70度台で殺菌しているので本当の低温殺菌牛乳ではなくて、高温殺菌牛乳です。」と言っています。どちらの生協の言い分が正しいのでしょうか?

閲覧数:
131
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

can********さん

2018/5/510:34:11

基本的にはBの方が妥当ですね。
単体であるカルシュウムが、破壊されたらって、核分裂とか核融合とかって話ですよ。
タンパク質が変性して困るなら、卵は生卵しか食べられませんし、魚はお刺身、肉はユッケ、パンもパスタもうどんも蕎麦もご飯さえタンパク質のタンパク質変性したもですので、食べちゃダメってことになります。

そもそも、牛乳の低温殺菌は、チーズの本場ヨーロッパで、高温殺菌だとタンパク変性を起こしてチーズが作れないから、チーズ原料の牛乳は低温殺菌でしか殺菌ができないので、今でも低温殺菌される牛乳の割合が日本より多いというだけですから。

質問した人からのコメント

2018/5/12 06:25:43

ありがとうございました。同感です。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mar********さん

2018/5/514:04:55

両方ともちょっとのズレがありそうですね。

ただ言えるのは、120℃130℃の牛乳は滅菌されるから、水飲んでるみたいなもんじゃないんですかね?
あまり低すぎると変な菌残ってそうだし。
だから、70ちょいで短時間殺菌が一番いいんじゃないですかね?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tou********さん

2018/5/507:53:27

両方でしょう

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる