ここから本文です

江戸時代に武士の武術の一つに水練がありますが、徳川家康も水泳が趣味でしたし必...

got********さん

2018/5/514:02:36

江戸時代に武士の武術の一つに水練がありますが、徳川家康も水泳が趣味でしたし必須科目だったのでしょうか。

甲冑を着たまま泳いだり、素潜り、平泳ぎが主な泳ぎ方ですよね。

閲覧数:
85
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

syh********さん

2018/5/514:51:51

武士の子どもだけですよ。水練も武道の一つです。

流派もありました。

質問した人からのコメント

2018/5/11 23:36:54

大人になっても続けてたんですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2018/5/714:09:09

必須だったのは徳川家一門です。

必須とまではいかない

2018/5/520:11:28

幕府の御家人や藩の足軽階級も、職務上、剣術・柔術・棒術・早縄・水練(水泳)・捕縛術は必修でした。これらを稽古させたのは御門番や捕物・警備にあてられる雑用が多かったからです。江戸幕府の御先手組が火付盗賊改に出向させられたり、町奉行配下の与力と同心が捕物に従事したように、藩の足軽も捕物警備・評定所勤務で士分の犯罪捜査と逮捕・牢屋勤務で監視と世話役・藩のために消さなければならない必殺仕置人など雑多な役が多いので、捕縛術・水練・居合抜き・棒術・柔術を専心させた藩もありました。

ちなみに8代将軍吉宗が鷹狩をした時、随行していた御徒の坂入半七が隅田川に落ちた鷹と鴨を泳いで取り戻って、400俵の加増になって以来、毎年六月には浅草諏訪町河岸で御徒の水練が行われるようになったそうです。

feawerさん

2018/5/517:22:58

武士の武芸のひとつです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる