ここから本文です

ボウリングの質問です。

アバター

ID非公開さん

2018/5/520:32:23

ボウリングの質問です。

無理なく強い球を安定して投げられるようになるため、リズジョンソンさんを参考にしようと思い、ずっとフォームを見ていましたら次のことを発見しました。

①最初からプッシュしきったかのようにボールを前に出している
②最初から肩を開いている
③腰の捻りを利用して投げている

この他に特徴はありますか?もちろんじぶんにあっている、あっていないはあるとは思いますがやってみなきゃわからないのでぜひ教えて下さい❗

閲覧数:
237
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

max********さん

編集あり2018/5/1115:52:23

①最初からプッシュしきったかのようにボールを前に出している

L.ジョンソン選手の「構え→プッシュアウェイ」を画像にしました。

ボール側の肘が「体の前半分」にあります。

男子であれば、C.バーンズ選手も同じです。
(C.バーンズ選手の場合、「プッシュアウェイ」ではなく「ヒンジ」でスイングを開始します)

②最初から肩を開いている

足を前後に開き、それに合わせて骨盤をオープンにし、骨盤に対して上半身は真っ直ぐに向ける。

つまり、足の前後に合わせて「体全体がオープン」になります。

肩だけ開いているのではありません。

③腰の捻りを利用して投げている

よく「腰を捻っている」と思ってしまう人が多いです。

背骨の回旋可動域は
(1)腰は非常に小さい
(2)首が一番大きい
です。
腰から首に向かって「回旋可動域」が大きくなっていきます。

つまり、「腰部の背骨」ではなく「胸部の背骨が捻れている」のです。

ここからは注意事項なのですが、「腰部の背骨を捻ろうとしてはいけません」。

腰は漢字でも分かるように「人体にとって要の部位」です。

「要の部位」がしっかりしている必要があります。

ですので、腰回りの筋肉が「腰部の背骨が捻れないよう」守っています。

故意に「腰部の背骨の回旋運動」し続けると、腰回りの筋肉に過度なストレスがかかり、疲労の蓄積が「腰痛」として現れます。

腰痛持ちの人で、「腰部の、背骨の回旋運動のやり過ぎ」が原因となっている人は、けっこう多いそうです。

スポーツ面だけでなく日常面でも、「腰部の背骨を捻ろう」としないでください。

腰は「捻れて欲しくない」のですから。

①最初からプッシュしきったかのようにボールを前に出している...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

bye********さん

2018/5/818:03:48

プッシュアウエイを大きくして、強いスイングをしています。
肩を開いていると、いわゆるオープンバックになります。バックスイングが大きくなります。
腰の捻りを利用できれば、超一流の証拠です。腰の捻りを利用しようとすれば、上半身がブレて、ボールがまともに前に行きません。左に引っ張ってしまいます。
左肩を左顎にくっ付けるようにして、肩の回転(体のローリング)を抑えなければいけません。毎回、同じ投げ方をしなければいけません。
それには、相当の練習量が要ります。
いろんな投げ方をまずは、まねて、その中で、自分に合うもの、自分だけの投げ方を模索していきます。
鏡の前で、シャドウボウリングしてみます。
そして、実際にボウリング場で投げてみて、やっぱり、できん。。なんてひとりで言いながら、練習するのです。(懐かしいです。)

プロフィール画像

カテゴリマスター

chy********さん

2018/5/603:25:16

日頃よりのご精進、ご苦労様です。

おれ!ピート・ウェーバーになりたかった!!!
カッコいいから(^_-)-☆

それは置いといて・・・

この質問?どのくらいの人が書いてるのかな???
「無理なく」ってことは、かなりできる人なのかな(*^。^*)
だとして・・・

③はやめたほうがいいですね。
腰は動かさない方がいいです。
どう見えたのかわかりませんが「乗っている」だけです。
いわゆる「腰が入っている」状態です。

利き手の肩が前に出ないのに注目してください。
腰回したらできないですよ!

胸が起きているのも、できるとカッコいいですが?
猫背の多い日本人には無理な体制かもしれません。

鏡の前で、両腕をグルグル廻してください。
身体の前で、手はおへその前を通ります。
身体より後ろは、肩より外を回るのです。
人間の体は、そういうふうにできているのです。
さて腕の軌道はそのままで
ボールを持つ方だけにします。
さっきの軌道のままスイングが鏡に対して斜めなわけです。
そのスイングを鏡の方に真っ直ぐにするために
利き手側に体を回します。
ほら!肩が開いているでしょう???
この形です。これを固定しているにすぎません。

理屈を理解していれば、出来ると思うのです。

bbb********さん

2018/5/602:06:58

細かな所を良く観て居られますねって言いたい所ですが、他人の細かな所はその人の個性です、真似る必要は無いと思いますと言うか、同じ様に投げ続ける事は無理で出来ません、逆に言えば貴方と同じ投げ方を他の人も出来ません、スピードが有って強いボールを投げてる人の動画等を観て下さい、みな無理なく後ろに振れてます、無理なく強い球を安定して投げたければ、最初の段階に体重移動で後ろに振ると言う事がとても重要だと思います。振り子ですね。
物体の運動エネルギー利用と言う力学、そこを意識するだけで良いと思います。
頑張ってね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる