ここから本文です

麻生太郎の「セクハラ罪という罪はない」という発言は どう思いますか?

ert********さん

2018/5/1219:16:48

麻生太郎の「セクハラ罪という罪はない」という発言は
どう思いますか?

セクハラ,麻生太郎,セクハラ罪,福田次官,パワハラ,刑事事件,刑事責任

閲覧数:
285
回答数:
23

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

han********さん

2018/5/1909:51:45

そのとおりだと思ってます。
パワハラ罪もないです。
ただ、セクハラもパワハラも、
企業の中では現実に懲戒の対象になっています。
けん責、降格、減給という実際の懲罰もあります。
そうは言っても刑事事件で有罪判決が出れば懲戒免職ですから、
パワハラやセクハラとは一線がひかれているのもまた事実です。

ちなみに刑事事件だろうがセクハラだろうが、
被害者が「被害にあいました」といえばそれで有罪確定っていうんじゃ暗黒裁判です。
魔女狩りと同じです。
パワハラやセクハラなら第三者が、
刑事事件ならきちんと司法の手で調査しなければ、
加害者だと名指しされた人間の人権を守れません。
テレビ朝日も週刊誌も第三者とは程遠い存在ですが。

そのとおりだと思ってます。
パワハラ罪もないです。
ただ、セクハラもパワハラも、...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「セクハラ罪」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/22件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kth********さん

2018/5/1912:00:11

間違えがなければ問題なし。

マスコミは何かにケチつけて辞めさせたいのだろう。

麻生も喋らなければ良い。

few********さん

2018/5/1911:48:33

政治家として法律的知識が無さすぎると思いました。
恐らく「刑事責任」はないということを言いたかったんだろうが、刑法には今回のようなセクハラそのものを罰する規定はないから、間違ってはいない。
「おっぱい触っていい?」「ダメです」というやりとりから実際はおっぱい触ってないことがわかるので強制わいせつでもない。
刑法に規定がないということは「親告罪」でもない。
ただ民事的には不法行為として訴えられる可能性はあるけど、その程度なら今回のような辞職のさせ方で妥当だと言いたかったんだろう。

nik********さん

2018/5/1910:00:03

「阿呆罪」に相当します。通称「麻生罪」、、、、、、

thi********さん

2018/5/1909:55:23

正論ですが、今の状況で公の場で言うことではないと思います。

zer********さん

2018/5/1909:19:53

そもそも誰も「セクハラは殺人や強制わいせつと同じだ」なんて問題にしていないのにそういうこと言って、話をすり替えようとしている、自分の保身のための発言ですね。

むしろ、セクハラは刑法犯ではないのだから、警察や検察ではなく、雇用主がきちんと責任を持って対応しなければならない話。
それをこんなことを言っている時点で、部下がセクハラをしたと訴えられた組織の責任者の対応としては、完全に常識はずれのことを言っているのです。

それこそ、「いじめ」は殺人や傷害とは違う、いじめ罪なんてありません。
で、自分の学校の生徒がいじめたをしたと言われた校長が、この麻生大臣のようなセリフを保護者の前で吐いたらどうなると思います?

あなたは自分の子供がいじめの被害にあったときに、こんなことを言われて「その通り」で納得しますか?

****

また、この麻生大臣の発言によってセクハラという人権侵害事案を「罪ではないんだ」イコール「やってもお咎めなしなんだ」と理解する者が現れ、そういった者たちは、セクハラ被害者から訴えられても、福田次官、麻生大臣と同じように「俺はやっていない、やったというならやり取りを全部録音した証拠を出せ、俺の前に名乗り出ろ、それができないのはセクハラなど無かったってことだ」と強弁することが十分に予想される。

そうなれば、日本から本当の「セクハラ」は消滅する。
それこそ、セクハラが認定されるのは、自分が被害者とバレても全く気にしない人が、最初から「はめる」つもりで近づいて、完璧な情報収集をやって訴えたケースに限られる、どう見てもハラスメントじゃないんじゃないのと言いたくなるケースしかハラスメントにならないという、冗談のような世の中になってしまうということです。

*****

セクハラは、相手が不快に思ったら成立するんです。
福田次官があの発言を女性記者相手にしたことが音声データで確認できた時点で、セクハラの事実は確定しているのです。
データがつなぎ合わされたものだろうが、女性記者がどんな受け答えをしているか定かでなかろうが、そんなことは関係ない。必要なのは福田次官が言ったことなのかどうか、それだけです。

セクハラに関しては、やはり自分の身に置き換えてみたらどうでしょう。

特に自分が男性なら、「男性」の上司から深夜に呼び出されて、「キスしたい」「体を触らせて」とか言われたら、キスさせますか? 体を触らせますか?
私なら絶対にお断りだし、たとえ会話を録音していなくたって、会社にセクハラされたと訴えますね。

*****

本人が「否定」したと言ったって、ただ「やっていない」だけじゃダメ。
今回は音声データがあるのですから、本当に自分が言っていないなら、「あれは別の誰某に言ったことなのだから、その人に聞いてみてくれ」とか、「自分の声ではないはずだから声紋鑑定にかけてくれ」とか、そういう客観的な反論ができるはず。
でも福田次官は「全体としてみれば」とかそういうことしか言えなかった。それは本件においては「否定」したことにならないってこと。

だから、財務省もセクハラがあったと認定せざるを得なかったのです。

ところが、麻生大臣は自分への責任追及をかわそうとして、財務省の事実認定すらなかったことにしようとし、福田次官が「否定」しているなんて言っている。

また、被害者の話も聞かないととか言ってましたけど、被害者はもうするべき話はしている。この上、加害者が被害者の話を聞きたいなど、「セクハラ」や「いじめ」の事案で言ってよいセリフじゃありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる