仏陀の「行為者はいない」という悟りと「結果はコントロールできない」という悟りは、同じものではないでしょうか。

宗教 | 哲学、倫理262閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

回答ありがとうございます! 人間に関して言えば、肉体と精神は、因縁によって仮にあり、つまり、空であると思いますが、個々の行為者は空ではなく無であり、本当に存在しないのだと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど! みなさん、回答ありがとうございます!

お礼日時:2018/5/19 7:03

その他の回答(7件)

0

〉仏陀の「行為者はいない」という悟りと「結果はコントロールできない」という悟りは、同じものではないでしょうか。 これは厳密には同じでないと思います。 理由は、ブッタは天上天下唯我独尊といいましたが、行為者とは、天上や天下の存在、つまり鬼神をも含めた全ての行為者を指すからです。 結果は神のみぞ知るというのは、行為者はいないというのとは違うというのはお分かりいただけますよね。 〉結果はコントロールできないという理解があると、結果を心配することがなくなり、今、為されている仕事に集中することになります。 それはあなたは結果を神に委ねたからです。 バガヴァッド・ギーターの主旨を借りれば、役割を与える存在すらもブッタは否定しており、夢であることすらも否定している、それが「行為者はいない」ということです。

回答ありがとうございます! 神の意志=自然の法則、または、宇宙の法則であり、結果は神のみぞ知るというのは、 結果は、自然の法則に従っているということになります。ですから、私が言っている神とは、何かの実体を示す言葉ではありません。

0

過去、現在、未来という時間の流れ自体が幻。 宇宙の誕生、現在、未来。 それは、現実に有るように見える、観測できるから。 人間の視点(低自我)から見ればどうしても 時間の流れが事実、だとしか思えない。 しかし、真実は時間の流れなど存在しない。 なぜなら、そもそも宇宙は存在しないから。 悟ると、宇宙が存在しないと分かる。 これは言葉では説明できない。 過去、現在、未来もない領域で 永遠の覚醒状態でいる自分自身という存在があるだけ。 人間が眠って見る夢の世界が、レベル1の幻だとすると 私たちの生きている現実世界はレベル2の幻です。 それぐらい同じものなのです。 死後の世界や神々のいる世界がレベル3の幻です。 幻の世界は原因結果の因果律に支配されている。 最終的なゴール、無の世界に辿り着くと 過去、現在、未来もない領域。 今までの世界が幻だと気づく。 善と悪がプラスとマイナスの磁極の関係だったと知る。 つまり、現象世界の善と悪は同価値だったと初めて気づく。 生と死の必然を知り、時間の役割も知り、 私たちが滞在している幻の領域の存在理由も理解する。 悟れば、この全体を夢の演劇と表現しても良い。 言葉に置き換えて説明すると どうしても説明不足な点が出て来る。 ★ 私の意見も所詮「群盲象を評す」です(笑) ★ 人々が悟りを説明して食い違うということは 生まれた時から目の見えない盲人たちが それぞれ象を触ってみて、 象がどういう動物かを説明する例え話と似ている。 群盲象を評す wiki https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A4%E7%9B%B2%E8%B1%A1%E3%82%92%E8%A9%95%E3%81%99 インドで6人の盲目の男が、ゾウに会いたいと出かけて行った。彼らはそれぞれが異なる部位を触った上で、象が壁、蛇、樹、扇、ロープのようであると主張し、意見が対立した。サックスは言う。神学論争はこれに似ている。彼らは別の人の意見を理解することができていないと。

0

仏教の「行為者はいない」とは、 『諸法無我』と云う事です。 そこにあるのは『法則』で、 添うのも背くのも、 “自分次第”と云う事です。 「自分の行為」に於ける責任を、 放棄させるものではありません。

1

う~む… ”行為者は居ない”とか、ヴァガヴァット・ギーターとか、仏教の経か律のどこかにあります??? 仏教じゃないものに答えられる人は仏教信者では少ないんじゃないですか? 少なくとも、日本の曹洞宗やタイのテーラワーダではそういうことを説いている僧は居ませんけど…。 そういう”悟り”???って仏教の悟りじゃないですよ。

1人がナイス!しています